メイン画像

明日3月スタートは、次第に「冬型」の気圧配置に。各地とも朝より夜の方が寒くなりそうです。週末は上空に強い寒気が流れ込み、北日本の日本海側や北陸では大雪や猛吹雪の恐れ。晴れる太平洋側も一気に冬に逆戻りし、冷たい北風が身にしみる寒さに。外出は防寒を。

明日から3月スタート 次第に冬型へ

画像A

今日2月29日夜から明日3月1日朝にかけては、前線を伴った低気圧が急速に発達しながら、太平洋沿岸を東へ進む見込みです。九州から関東は朝まで雨が降り、沿岸部を中心に局地的に雨や風が強まるでしょう。東北や北陸は、明日1日昼頃にかけて湿った雪や雨が降りそうです。

明日3月スタートは、次第に「冬型」の気圧配置に変わるでしょう。2日には北日本を中心とした強い冬型の気圧配置となる見込みです。
3日は本州付近は南から高気圧に覆われますが、北日本を低気圧が通過するでしょう。

週末は大雪や暴風雪の恐れ 荒天に警戒

画像B

明日1日から3日にかけては、北陸や東北から北海道の日本海側を中心に断続的に雪が降るでしょう。雪の量が増える所もあり、特に新潟県や東北の日本海側では山沿いを中心に積雪が急増する所がありそうです。

また、秋田県では明日1日から2日にかけて、山形県や北海道の日本海側では2日は「暴風雪警報」が発表される可能性あり、中でも北海道は暴風雪警報の発表される可能性が高めとなっています。見通しが全く効かない猛吹雪になることも考えられますので、車の運転は交通の影響などにも十分ご注意ください。週末にかけて荒れた天気に警戒が必要です。

また、4日も雪の続く所があるでしょう。最新情報に注意し、安全な行動をとってください。

2日は日中も凍える寒さ 3日朝は厳しい冷え込み

画像C

明日3月のスタートは、日中は太平洋側を中心に晴れる見込みです。ただ、午後は日差しよりも北風の冷たさが際立つでしょう。東京は16℃まで上がり、今日より4℃高く3月下旬並みです。ただ、夜は関東も北風が冷たく感じられそうです。朝より夜の方が寒くなる所が多くなりますので、夜の寒さを想定して、暖かいコートを選ぶと良さそうです。

2日は全国的に冬の寒さが戻ります。晴れる太平洋側も最高気温が10℃以下で、北風も強まる分、一段と厳しい寒さになりそうです。
また、2日夜から3日朝にかけては、最低気温が3℃以下になる所がほとんどで、冷え込みが強まるでしょう。

土日のお出かけは、ニットやマフラーなど冬物が活躍しそうです。週明けも寒暖差が大きくなりますので、服装選びにはご注意ください。