メイン画像

九州から近畿にかけて、西日本の広い範囲に雨雲がかかっています。今日29日は太平洋沿岸を低気圧が発達しながら東進。低気圧の東進とともに雨の範囲が東に広がり、沿岸部を中心に風も強まるでしょう。関東は今夜から雨で、朝にかけて山沿いはまとまった雪の所も。

低気圧が発達しながら東進 九州南部でザーザー降りの所も

画像A

今日29日は、九州付近には前線を伴った低気圧があり、東へ進んでいます。
南から暖かく湿った空気が流れ込んで、九州から近畿にかけて、西日本の広い範囲に雨雲がかかっています。
今のところは、比較的弱い雨が中心ですが、九州南部で局地的に雨が強まり、鹿児島県屋久島町では午前11時20分までの1時間に16.0ミリのやや強い雨を観測しました。

西から雨風強まる 関東も夜から雨 山は雪の所も

画像B

雨の範囲が東に広がり、昼過ぎには近畿も広く雨、夕方には東海も雨が降りだすでしょう。
九州や四国を中心に、雷を伴った激しい雨にご注意ください。また、低気圧が発達しながら東へ進むため、沿岸部を中心に風も強まるでしょう。傘を差していても濡れてしまうような、雨の降り方になる所もありそうです。

関東は今夜から次第に雨が降る見込みです。明日3月1日朝にかけて山沿いはまとまった雪の降る所もあるでしょう。長野県を中心に、予想より気温が低くなった場合には、警報級の大雪となる可能性があります。峠越えの車の運転は積雪や路面の凍結による交通の影響に十分ご注意ください。

東北は太平洋側を中心に、今夜遅くから明日の昼頃にかけて雨や湿った雪が降り、降り方が強まる所もあるでしょう。北海道は日が差しますが、日本海側を中心に、所々で雪や吹雪となりそうです。

3月スタートは日本海側で大雪や吹雪 土日は冬に逆戻り

画像C

3月スタートとともに、冷たい空気に入れ替わるでしょう。
明日1日は、次第に冬型の気圧配置に変わって、上空に寒気が流れ込む見込みです。
明日1日から3日にかけて、北陸から北の日本海側は断続的に雪が降り、積雪が急増する所もありそうです。大雪や吹雪による交通の影響などにご注意ください。
西日本の太平洋側も一部で、にわか雨やにわか雪がありそうです。晴れる所も、空気が冷たくなるでしょう。

明日1日は、朝よりも夜はぐっと冷えそうです。2日は、日差しがたっぷりの所でも気温が10℃以下となり、真冬のような寒さが戻りそうです。
急に風が冷たくなりますので、真冬の防寒を心がけてください。3日は朝の冷え込みが厳しくなるでしょう。日中は少し寒さが和らぎますが、暖かくしてお出かけください。