メイン画像

南岸低気圧の影響で、関東甲信地方は今日29日の夜から明日3月1日の明け方にかけて雨雲や雪雲がかかるでしょう。東京都心など平野部は雨の所が多いですが、山沿いでは大雪の恐れ。積雪や路面の凍結に注意が必要です。

今夜~明日の明け方は雨や雪

今日29日から明日3月1日にかけて本州の南岸沿いを低気圧が進むでしょう。

関東甲信地方は、今日28日の朝は日差しが届きますが、日中は雲が増えそうです。今夜から明日3月1日の明け方にかけては広く雨雲や雪雲がかかるでしょう。

東京都心など関東南部の平野部や関東北部の沿岸部は広く雨となりそうです。ただ、箱根から多摩地方や秩父地方にかけてや、関東北部の内陸部、長野県や山梨県は所々で雪が降るでしょう。山沿いを中心に大雪となる恐れがあります。

明日3月1日の朝には次第に天気が回復しますが、山沿いでは積雪や路面の凍結に注意が必要です。

予想降雪量

画像B

明日3月1日6時までに予想される24時間降雪量はいずれも多い所で
関東地方北部の山地:15センチ
甲信地方:15センチ
関東地方北部の平地:3センチ
箱根から多摩地方や秩父地方にかけて:3センチ


その後、明日3月1日6時から2日6時までに予想される24時間降雪量はいずれも多い所で、
関東地方北部の山地:10から20センチ
甲信地方:10から20センチ
関東地方北部の平地:1から5センチ

山沿いを中心に積雪や路面の凍結による交通障害に注意・警戒してください。予想より気温が低くなった場合には、警報級の大雪となる可能性があります。

冬道の運転 注意するキーワードは「ふゆとじこ」

画像C

この時期、車を運転する際に、気をつけていただきたいポイントは、5つあります。
(1)冬道装備をしっかりと行いましょう。早めに冬用タイヤに取り換えたり、タイヤチェーンを用意したりしましょう。雪道運転は、バッテリーが上がりやすくなります。遠出をする際は、予備のウォッシャー液やバッテリーを確認するなど、事前の点検も忘れないでください。
(2)ゆっくりと、慎重に運転しましょう。雨や雪が降った後に、気温が低いと、普段、慣れている道でも、思わぬ所が凍結している可能性があります。また、雪のない所でも、道路が黒っぽく見えたら、凍結している恐れがありますので、油断しないでください。
(3) 時には、迂回や出控えることも、選択肢の一つです。ドライブプランなどを、一時的に変更するのも良いでしょう。
(4) 時間に余裕をもって、出発しましょう。慌てると、凍結した道路でも、ついスピードが出てしまい、事故につながってしまいます。
(5) こまめに天気や道路情報を確認しましょう。天気予報が、急に「晴れ」から「雪」に変わるかもしれません。雪が降ると、道路が通行止めになることもあります。
5つのポイントの頭文字を並べて、「ふゆとじこ」と覚えてください。