Nothing’s Carved In Stone、多幸感に包まれた結成15周年ライブ「俺達にとって最高の1日。」

 2月24日に、結成15周年を記念した日本武道館での単独公演を大盛況で終えたNothing’s Carved In Stoneのオフィシャル・ライブレポートが到着した。

 【10th Anniversary Live at BUDOKAN】から約5年。2024年2月24日にNothing's Carved In Stoneの4人は再び武道館のステージに立った。5年前も、この日も、彼らはステージでオーディエンスを「同じ感性を持った仲間たち」と喩えたが、その“仲間たち”で埋め尽くされた八角形の空間に4人が姿を現した瞬間、客席から大きな大きな歓声が湧き上がり、色んな感情が溢れ出す。同じ感性を持った仲間たち……この言葉に支えられてきたことを改めて実感する。

 生形真一がギターを一閃して「Out of Control」でライブがスタート。日向秀和がベースを奏で、大喜多崇規(Dr.)がリズムを繰り出して極上の時間が走り出す。村松拓(Vo./G.)が叫び、オーディエンスが腕を振り上げて気持ちを返す。ステージ後方の大きなスクリーンに映し出された4人の笑顔。この場所で共有する1秒1秒が愛おしい。

 「YOUTH City」の拡がり続けるメロディに吸い込まれ、耳慣れた「ツバメクリムゾン」を共に歌い、洗練された「Chain reaction」のアンサンブルに息を呑み、「Words That Bind Us」の肉感的な手触りに酔いしれ、「Sands of Time」や「Brotherhood」に内在するエモーションに胸を焦がす。この日は、事前に受け付けた楽曲リクエストの上位20曲と過去11枚のアルバムを辿る全30曲超というスペシャルなライブ。様々な表情を持つ楽曲が並んだセットリストは、パーマネントで普遍的なセンスを持つ彼らの、進化と努力の足跡を辿るような、ファンにとって至福の時間。

 スクリーンに映し出された映像の数々も必見だった。「村雨の中で」のライブの情景に投影した歌詞や、「Diachronic」に導く心憎い演出。それは4人が鳴らす音楽の魅力を増幅させ、拡張させ、バンドと楽曲の世界観を表現した映像作品と言えるほど。ライブと映像の化学反応に何度も胸が熱くなる。

 温かいメロディが焼き付けられるようなインパクトで胸に染みる「Walk」のエンディング、ゲストとしてSOIL&"PIMP"SESSIONSのタブゾンビ(Tp.)が登場し、続く「Inside Out」でも共演して会場を沸かせる。村松が「俺達を依代にしてでっかい花を咲かせませんか?」「お前のことだ!」と何度も叫んだ「きらめきの花」では武道館を笑顔で埋め尽くす。

 「今日みたいな日が俺達にとって最高の1日。音楽やっててよかった。15年やっててよかった」と村松が感慨深げに言い、その言葉に続けて鳴らされた「Music」で胸が更に熱くなる。ライブの節々から伝わってくる4人の想いにオーディエンスが大きく強く反応し、会場の熱がぐんぐん上がっていく。

 再びタブゾンビが参加した「Spirit Inspiration」でオーディエンスを跳ねさせ、無敵感を帯びたまま「Idols」で武道館を大きく揺らし、村松が「大切な曲」と言った楽曲リクエスト1位の「November 15th」へ。大喜多が立ち上がって腕を高く揚げ、生形と日向が演奏しながら客席に目を向け、村松は溢れ出てくる感情を抑えるような表情で歌う。何度も何度もライブで演奏され、その度に仲間たちに愛され続けてきた同曲は、今日も高らかに鳴り響く。

 4人が向き合って音をぶつけ合う「Isolation」で熱狂の渦を作り出し、ラストを飾るのに相応しい「BLUE SHADOW」で本編が終了。アンコールでは「この15年で世の中、人とのつながりが希薄になってきていると思うんだけど、俺達は自分たちの意志を持って、流されず、こうやって1対1の付き合いをしていこうと思います」と生形が言い、村松が「こんな素晴らしいメンバーとバンドをやれて幸せです。これからもよろしくお願いします」と頭を下げる。「Around the Clock」、「Sunday Morning Escape」で会場を再び多幸感に包み込み、ラストは15年を経た彼らと我々の仲間の未来を照らすように「Dear Future」を鳴り響かせて終演した。
 
 終演後、5月15日にNEW EPをリリース、さらにワンマンツアーを開催することも発表された。意志を持って、流されず。15年を経たNothing's Carved In Stoneは、これからも我々を熱狂させてくれるに違いない。


TEXT:Takeshi.Yamanaka
PHOTO:西槇 太一

◎公演情報
【Nothing's Carved In Stone 15th Anniversary Live at BUDOKAN】
2024/2/24(土)東京・日本武道館
<セットリスト>
1 Out of Control
2 Deeper,Deeper
3 YOUTH City
4 ツバメクリムゾン
5 Chain reaction
6 Cold Reason
7 Words That Bind Us
8 Sands of Time
9 Brotherhood
10 Stories
11 Gravity
12 村雨の中で
13 Red Light
14 Walk
15 Inside Out
16 Everlasting Youth
17 In Future
18 きらめきの花
19 Diachronic
20 Shimmer Song
21 Milestone
22 Like a Shooting Star
23 Music
24 You're in Motion
25 Spirit Inspiration
26 Idols
27 November 15th
28 Isolation
29 BLUE SHADOW
En1 Around the Clock
En2 Sunday Morning Escape
En3 Dear Future