メイン画像

明日29日(木)は西から前線を伴った低気圧が接近するでしょう。この低気圧が1日(金)にかけて、本州の南岸を通過する見込みです。関東は平野部では雨で経過する予想ですが、雨や風が強まり荒れた天気になるおそれがあります。

29日(木)~1日(金)は南岸低気圧通過 暖湿流の影響で平野部は雨

画像A

明日29日(木)から明後日1日(金)にかけて、本州の南岸を低気圧が通過する見通しです。「南岸低気圧」という気圧配置で、東日本の太平洋側に雪をもたらします。特に、東京都心など関東の雪は、南岸低気圧によって降ると言われています。

今回の南岸低気圧は、進行方向の前方に高気圧があり、低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込みます。また、陸地に近い進路を通るため、関東の平野部は雨で経過するでしょう。雪になるのは、関東の山沿いとなりそうです。

山沿いは大雪 平野部は大雨や強風、高波に注意・警戒

画像B

関東の平野部はほぼ雨で、雪の可能性は低いですが、油断はできません。大気の状態が不安定となり、局地的に雨脚が強まりそうです。山沿いは雪で、多い所では10~20センチの降雪が予想されているため、大雪になることもあるでしょう。予想より気温が低くなった場合には、警報級の大雪となる可能性があります。

低気圧は急速に発達しながら本州の南岸を進むため、風が強めに吹いて波も高くなりそうです。荒れた天気になるおそれがあります。特に1日(金)は、強風や高波、大雨による土砂災害や低い土地の浸水、積雪や路面の凍結による交通障害に注意・警戒してください。

5日(火)~6日(水) 再び南岸低気圧に

画像C

南岸低気圧が通過後は、西高東低の気圧配置が強まります。3月1日(金)夜からは、この時期としては強い寒気が流れ込むでしょう。関東の山沿いは雪が降り、積雪量が増加する可能性があります。路面の悪化などにお気をつけください。

2日(土)から4日(月)は、広い範囲で晴れる見込みです。2日(土)は寒気の影響もあり気温は低めですが、3日(土)と4日(月)は暖かいでしょう。

ただ、晴れの天気は長くは続きません。5日(火)から6日(水)は再び南岸低気圧が通過するため、関東は広く雨が降りそうです。
朝は内陸で氷点下の冷え込みなる所もあります。3月に入って春は近づいていますが、しばらく体調管理や路面凍結などにご注意ください。