メイン画像

今日27日の花粉の飛散量は、福岡で「多い」見込みです。東京も「やや多い」でしょう。九州から東北南部のほとんどで花粉の飛散が始まっていますが、東北北部でも3月に入ると飛散開始となりそうです。

福岡は花粉の飛散が「多い」

今日27日は、九州から関東まで太平洋側を中心におおむね晴れて、北よりの風の強まる所が多いでしょう。今日27日の花粉の飛散量は、福岡で「多い」見込みです。鹿児島、高知、大阪、名古屋、東京は「やや多い」でしょう。風が強まるため、花粉が舞い上がり、空気中の花粉が多くなりそうです。

一方、広島、金沢、新潟、仙台などは「少ない」見込みです。ただ、わずかでも花粉は飛びそうです。万全の対策をしてお出かけください。

東北北部は3月上旬から飛び始める

画像B

今年は暖冬に加え、季節外れの暖かさが影響し、スギ花粉の飛散開始は例年より早い所が多くなりました。2月上旬には九州全県や、三重県、静岡県、山梨県などで飛散開始となりました。2月中旬には、中国・四国から関東・北陸の広い範囲と、東北の一部で飛散開始となっています。

この先、2月下旬の気温は平年並みか低くなりますが、3月の気温は平年並みか高めに推移する見通しです。このため、東北などの飛散開始となっていない地点も3月上旬までに飛散開始となる見込みです。

※1 飛散開始日とは、1平方センチメートルあたり1個以上のスギ花粉を2日連続して観測した最初の日
※2 図の飛散中のエリアには、飛散開始(※1)が確認できている地点だけでなく、わずかに飛散している地点も含みます。

帰宅時・屋内での花粉対策

画像C

外出から帰ってきたら、うがいをしましょう。また、洗顔をして花粉を落とすとよいでしょう。髪の毛にも花粉が付着するのでしっかりとシャンプーをするのも効果的です。
花粉飛散シーズンに窓を全開にして換気すると大量の花粉が室内に流入します。花粉のピーク時に1時間の換気をしたところ、3LDKのマンション一戸で、およそ1000万個もの花粉が屋内に流入したとの実験結果もあります。感染症対策として、換気をする機会も多いかと思いますが、窓を開ける幅を10センチ程度にして、レースのカーテンをすることで、部屋の中に入ってくる花粉の数を、全開にした時と比べておよそ4分の1に減らすことができるという実験結果もあります。窓を開ける幅は少しでも構いませんので、なるべく換気しながら花粉を防ぎましょう。
なお、床やカーテンなどに花粉が多数付着している可能性がありますので、こまめに掃除をし、カーテンは定期的に洗濯をするとよいでしょう。