メイン画像

3連休最終日の今日25日(日)は、関東は朝から所々で雨が降り、内陸や山沿いでは雪で積もり始めています。明日26日(月)にかけて、山沿いを中心に大雪となる見込み。峠を越える車は冬装備を万全に。東京都心など平地は雨が主体ですが、日中も5℃前後と厳寒。防寒対策を万全に。

関東甲信 山沿いを中心に積雪に注意

画像A

今日25日(日)は、低気圧が本州の南を東へ進み、上空には山で雪を降らす目安の寒気が関東南部まで南下する見込みです。

関東甲信は朝から所々で雨が降り、北部や西部の山沿いでは、雪が積もり始めています。午前11時の積雪は、河口湖で5センチなど。箱根周辺でも、湿った雪が降り道路にも積もり始めています。

雨・雪の見通し

画像B

関東甲信地方では、明日26日(月)明け方にかけて、雨や雪が降るでしょう。東京都心など平地では雨が主体ですが、内陸や山沿いは湿った雪が降り、大雪となる見込みです。

群馬など北部は断続的に雪が降るでしょう。秩父~多摩地方、箱根周辺も湿った雪が降り、多い所で10センチの降雪が予想されています。3連休で行楽からのお帰りの車も多いと思いますが、万全な冬装備が必須です。

甲信では、富士五湖など標高の高い所で20センチの降雪が予想されています。甲府盆地や長野県の平地でも雪となるため、路面の状況の変化にご注意下さい。

【25日6時~26日6時までに予想される24時間降雪量(多い所)】
関東地方北部の山地         25センチ
関東地方北部の平地          8センチ
箱根から多摩地方や秩父地方にかけて 10センチ
甲信地方              20センチ

東京都心など雨でも厳寒

画像C

各地とも気温は朝からほとんど上がらず(朝より下がっている所も)、日中も5℃前後の予想です。北よりの風が吹き、体感はさらに下がります。ダウンコートプラス、マフラーや手袋など、防寒対策は万全に行いましょう。

3連休明けの明日26日(月)は、明け方まで広く雨や雪ですが、日中は次第に晴れるでしょう。最高気温は12℃前後まで上がる所が多く、厳しい寒さは和らぎそうです。

ノーマルタイヤの危険性

画像D

雪道をノーマルタイヤで走行すると、タイヤが低温で固くなって吸着性が失われ、路面を摩擦で捉えることができなくなります。このため「滑る」「止まらない」「曲がらない」と、自動車が本来確保しなければならない動きが制御できなくなり、スリップ事故や渋滞の原因につながってしまいます。

雪道を時速40kmで走った場合、ブレーキを踏んでからクルマが止まるまでの距離は、ノーマルタイヤでは冬用タイヤの約1.7倍にもなるという走行実験結果もあります。

雪道でのノーマルタイヤは、とても危険ですので、冬用タイヤやチェーンを必ず装着するようにしてください。雪や雨が降ったあとの路面は凍結していることもあります。一見、路面に雪がないように見えても車の運転には十分な注意が必要です。