メイン画像

今日25日(日)の関東甲信は広く雨。甲信の標高の高い地域や、奥多摩方面をはじめ関東の山沿いは雪で、大雪になる所も。気温は朝からあまり上がりません。

低気圧に伴う雨雲や雪雲広がる 昼間も震える寒さ

今日25日(日)は、低気圧が日本の南を東よりに進みます。
関東甲信では、朝からすでに雨や雪の降っている所があり、昼頃には、ほぼ全域で天気が崩れるでしょう。
気温は朝からあまり上がらず、昼間も5℃前後の所が多くなる予想。北よりの風が吹いて、体感温度はさらに下がるでしょう。厚手のコートや手袋、マフラーなどが活躍しそうです。

奥多摩方面など 山沿いは積雪増 甲府盆地も路面状況の変化に注意

画像B

降るものは、東京都心を含め関東の平地は、ほとんど雨。雪になっても交じるくらい、という所が多い予想です。
一方、関東北部の山沿いは断続的に雪が降るでしょう。秩父から奥多摩、箱根周辺も雪が降り、轍がしっかりできるくらい積もってくる所がありそうです。この方面では、車は冬の装備が欠かせません。
甲信では、富士五湖など標高の高い地域で大雪の恐れがあります。甲府盆地や長野県の平地も雪の降る時間がありますので、路面状況の変化にご注意ください。

なお、3連休明けの明日26日(月)は、明け方まで広く雨や雪。日中は次第に晴れるでしょう。寒さが和らいで、日差しにホッとできそうです。