メイン画像

明日25日は関東甲信各地で再び天気が崩れます。山沿いでは雪の量が多くなる所がありそうです。連休明けは日差しが戻りますが、花粉の飛ぶ量が多くなる予想です。

甲信で大雪のおそれ

画像A

三連休最終日の明日25日(日)は日本の南に低気圧が発生し、東に進む予想です。この低気圧の影響で、関東甲信も再び天気が崩れる見込みです。

明日は朝から次第に雨雲や雪雲がかかり始め、昼頃にはほぼ全域で雨や雪となりそうです。上空の気温が低いため、標高の高い所では積雪となる予想です。また、関東北部や甲信では平地でも雪に変わり、積もる所もあるかもしれません。

山梨県では、明日25日夕方までに標高の高い所を中心に最大5センチ、その後26日夕方までの24時間に最大で20センチの降雪が予想されています。

車での移動を予定されている方は、最新の気象情報や交通情報を確認してください。

連休明けは天気回復

画像B

連休明けの26日(月)は、朝の内に雨や雪の残る所がありますが、日中は各地で天気が回復する見込みです。その後、28日(水)にかけて高気圧に覆われて晴れる予想です。

ただ、天気は短い周期で変化し、29日(木)から3月2日(土)頃は再び、低気圧や前線が関東に近づいて天気が崩れる予想です。3月1日(金)には寒気が流れ込む影響で気温が下がり、北部を中心に平地でも雪に変わる所があるかもしれません。

来週後半の低気圧や前線の動向にも注意が必要です。

花粉は週の中頃にやや多め

画像C

来週の中頃は晴れて、関東各地や山梨で花粉の飛ぶ量がやや多くなる予想です。この期間は高気圧に覆われて、晴れて空気が乾燥するため、花粉が飛散しやすい気象条件となります。

これから花粉の飛ぶ量が徐々に増えていきます。花粉症の方は引き続き、花粉対策を行った方が良さそうです。