メイン画像

今日24日(土)の関東は晴れ間が出て厳しい寒さは和らぎそう。ただ、明日25日(日)の午後は再び雨や雪。26日(月)の朝は山沿いや内陸で積雪の恐れがあるため、路面の凍結に注意。通勤・通学はいつもより時間に余裕をもってお出かけください。

今日24日(土) 晴れて厳しい寒さは和らぎそう

画像A

今日24日(土)の関東は、高気圧に緩やかに覆われるため、日中は広く晴れる見込みです。夜は雲が広がりますが、天気の崩れはないでしょう。お出かけ日和になりそうです。ただ、花粉が飛びやすくなるため、花粉症の方は、マスクやメガネなどでしっかりと対策をなさってください。

日差しとともに気温が上がり、最高気温は10℃から11℃くらいでしょう。昨日23日(金)より大幅に高い所がほとんどで、厳しい寒さは和らぎそうです。この時期らしい気温で、昼間は日差しにホッとできるでしょう。

26日(月)朝 山沿いや内陸で積雪の恐れ

画像B

明日25日(日)は低気圧が日本の南を東へ進むため、朝から雲に覆われ、昼過ぎから東京や神奈川、千葉など、南部で雨が降り出すでしょう。お出かけの際は、雨具をお持ちください。夕方以降は、雨の範囲が北部にも広がり、山沿いや内陸では雪の降る所がありそうです。最高気温は各地ともひと桁で、朝からあまり気温が上がりません。厳しい寒さとなるため、暖かくしてお過ごしください。

連休明けの26日(月)の朝にかけて、関東の南部は雨が降るでしょう。北部の山沿い、秩父地方や奥多摩方面など内陸では雪が降り、朝の通勤・通学の時間には、雪が積もって、路面が凍結している所がありそうです。いつもより時間に余裕をもって、足元に気をつけてお出かけください。

今のところ、雪が降るのは山沿いや内陸が中心で、平地では雨の予想です。ただ、低気圧の位置や寒気の流れ込み具合によっては、雪の範囲が広がり、平地でも雪のまじる可能性があります。最新の気象情報をこまめに確認なさってください。

路面の凍結 特に注意が必要な所は?

画像C

雪や雨が降って濡れた路面は、気温が下がると、凍結してしまいます。中でも、路面の凍結に注意が必要なのは、主に次の4か所です。

(1)橋や歩道橋の上は、地面の熱が伝わりにくく、風通しが良いので、凍結しやすくなります。特に、ふぶいている時は、他の所よりも風が強く、視界が悪いうえに、凍結しやすいので、かなり危険です。

(2)トンネルの中と外では、路面状態が大きく違うことがあります。トンネルの出入り口では路面の凍結により、急にハンドルを取られないよう、十分、スピードを落として運転しましょう。

(3)交差点やカーブも、近づく前に、十分にスピードを落とすことが大切です。ハンドルを切ったまま、ブレーキを踏むと、とても滑りやすくなります。また、加速する時も、交差点やカーブを曲がり切ってから、アクセルを踏みましょう。

(4)日陰は、いったん路面が凍結すると、完全にとけるまでに時間がかかります。建物の北側など、日陰になりやすい道を通る際は、十分にお気をつけください。