メイン画像

東北では今日21日の午前中、南部を中心に断続的に雪が降り、仙台など太平洋側でも、うっすらと雪が積もり始めています。
午後は東北地方の広い範囲で雪が降り、太平洋側を中心に大雪となる見込みです。福島県・宮城県では、普段雪の少ない海沿いの地域でも、積雪のおそれがあります。また、北陸や関東北部の山間部でも、雪の強まる所があるでしょう。

午前中は東北南部で広く雪 太平洋側も雪が積もり始める

画像A

今日21日は、前線や湿った空気の影響で、九州から東北にかけて広く天気が崩れています。仙台市では午前10時30分時点の気温が0.3℃。気温が低いため、東北では雨ではなく、雪の降っている所が多くなっています。現在、雪が降っているのは東北南部が中心ですが、午後はさらに北へ雪の範囲が広がる見込みです。

夕方以降は東北の広範囲で雪が強まる 新潟や関東甲信の山間部も雪の強まりに注意

画像B

今日21日の午後は、雪の範囲が北へ広がり、夕方から夜にかけて、東北北部も広く雪が降るでしょう。太平洋側も含めて広く積雪し、明日22日の朝にかけて、平地でも多い所で30センチほどの雪が降る恐れがあります。普段雪が少ない東北太平洋側の海沿いでも雪が積もる見込みで、交通機関の影響などに十分注意が必要です。
また、新潟県や関東甲信の山間部でも、断続的に雪が強まるでしょう。雪のピークは今日21日の夕方から明日22日の未明にかけての所が多く、まとまった雪雲は、明日22日の朝には東の海上へ抜けていきそうです。