メイン画像

21日(水)以降も前線の影響で九州から関東で雨の降る日が多いでしょう。北陸や東北は雪が降りそうです。三連休初日の23日(金)は関東で雨や雪の可能性があります。季節外れの暖かさから一転、真冬の厳しい寒さに逆戻りしそうです。

季節外れの長雨 三連休初日は関東で冷たい雨や雪

画像A

21日(水)以降も前線が西日本から東日本の南に停滞するでしょう。22日(木)にかけて九州から関東は断続的に雨が降り、雷を伴って雨脚の強まることもありそうです。北陸や東北南部は山沿いを中心に大雪となる恐れがあります。平地でも雪が降るでしょう。路面状況の変化にご注意ください。

23日(金)天皇誕生日は関東でも山沿いを中心に雪が降り、平野部でも内陸部ほど雪の可能性があります。関東の雪の予想は少しの気温の違いで、雪のエリアが大きく変わりますので、最新の情報にご注意ください。

24日(土)は天気が回復し、日差しの届く所が多いでしょう。

25日(日)から26日(月)は低気圧が発達しながら本州の南を北東へ進む予想です。九州から関東は雨が降り、太平洋側を中心に雨脚や風が強まりそうです。東北や北海道は雪が降り、風も強まるでしょう。荒れた天気となる恐れがあります。

最高気温は平年並みか低くなりそうです。季節外れの暖かさが一転、季節が逆戻りするでしょう。札幌市は24日(土)にかけて真冬日(最高気温0℃未満)となりそうです。東京都心は23日(金)天皇誕生日にかけてと25日(土)は10℃に届かず、真冬並みの寒さになるでしょう。日々の寒暖差が大きくなりますので、体調管理にご注意ください。

天気は周期変化

画像B

28日(水)は九州で雨が降りだし、29日(木)は近畿や東海にかけても雨が降るでしょう。3月1日(金)は関東や北陸、東北にも雨雲がかかりそうです。2日(土)以降は北海道から北陸は雪や雨が降りますが、関東から九州はおおむね晴れるでしょう。

最高気温は平年並みか低い日が多くなりそうです。