メイン画像

今日20日は、前線の影響で、九州や中国地方は昼頃から、四国や近畿は夕方から雨エリアが拡大するでしょう。関東も夜は雨具が必要に。北陸は断続的に雨が降るでしょう。最高気温は四国や東海、関東などは20℃以上と、季節外れの暖かさになりそうです。一方、北陸から北海道は気温が急降下。日中も寒くなるでしょう。

広く雨や雷雨

画像A

今日20日は、前線が西日本から東日本の南岸沿いまで南下し、停滞するでしょう。

九州や中国地方は昼頃から、四国や近畿は夕方から再び雨のエリアが広がりそうです。雷を伴う所もあるでしょう。落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨にご注意ください。東海は晴れ間がでますが、朝晩は雨の降る所がありそうです。関東甲信は日は差すものの雲が広がりやすく、夜は広く雨雲がかかるでしょう。北陸は雨が降ったりやんだりしそうです。

東北は所々で朝まで雨や雪ですが、日中は晴れ間のでる所もあるでしょう。北海道は北部を中心に雪が降り、吹雪く所もありそうです。

一方、沖縄は青空が広がり、汗ばむくらいの陽気でしょう。

北海道~北陸は気温ダウン 関東から西は20℃超も

今日20日の最高気温は、北海道から北陸は昨日より大幅に気温がダウンするでしょう。札幌市は昨日より14℃低い0℃、青森市は昨日より16℃低い3℃の予想です。昨日は2月としては記録的な暖かさとなりましたが、今日20日は一転して、日中も寒くなります。金沢市も11℃と昨日より11℃も低くなるでしょう。体調管理にご注意ください。

関東から九州では平年より高く、太平洋側は20℃を超える所もありそうです。東京都心は24℃と夏日一歩手前まで気温が上がる可能性があります。ただ、夕方以降は冷えて、夜は朝よりも気温が低くなるでしょう。

沖縄は初夏の陽気で、那覇市は26℃と夏日が続きそうです。