ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、ライブ・パフォーマンスに焦点を当てた新作から「Corn Mine」公開

 ケイレブ・ランドリー・ジョーンズが、これまでで最もヘヴィな作品『ヘイ・ゲイリー、ヘイ・ドーン』を2024年4月10月に<セイクリッド・ボーンズ>よりリリースする。今作から「Corn Mine」が解禁された。

 俳優、マルチ・インストゥルメンタリストとして知られるジョーンズは、プログレの境界を行き来する複雑でシネマティック作品を作っているが、最新作ではライブ・パフォーマンスに焦点を当て、新境地を開拓した。実際、これまで自身の音楽キャリアに欠けていたライブ・ステージを念頭に置いて、ジョーンズは意図的に『ヘイ・ゲイリー、ヘイ・ドーン』をデザインした。

 そのサウンドは、これまでで最もヘヴィなもので、彼の特徴である万華鏡のようなシンフォニーの中に、パンクやグランジの要素をほのめかす音のタペストリーが織り込まれている。また、カルテットを含む20人以上の才能あるミュージシャンがアルバムに参加し、様々なジャンルをシームレスに横断するこのダイナミックな楽曲集に、深みと複雑さを加えている。

◎リリース情報
アルバム『ヘイ・ゲイリー、ヘイ・ドーン』
2024/4/10 RELEASE
SBR340JCD