メイン画像

今日15日は、南から暖かく湿った空気が流れ込んで、西日本の太平洋側を中心に大気の状態が非常に不安定に。明日16日朝にかけて、日本海から前線が本州を南下。午後は更に広い範囲で雨となり、落雷や竜巻などの突風にも注意が必要です。南風も強まり、関東など「春一番」か。

今日15日午後 強雨エリア広がる 落雷や竜巻などの突風にも注意

画像A

今日15日は、南から暖かく湿った空気が流れ込んで、西日本の太平洋側を中心に大気の状態が非常に不安定となっています。
午前11時30分現在、九州から東海、東北に雨雲がかかり、九州南部を中心に雨脚の強まっている所があります。

今日15日は日本海に低気圧が発生し、低気圧からのびる前線が明日16日朝にかけて、本州付近を南下するでしょう。前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込んで、西日本から東日本の太平洋側を中心に、大気の状態が非常に不安定となるでしょう。
また、前線の南下に伴い、午後は更に広い範囲で雨となりそうです。急な激しい雨や、落雷や竜巻などの突風に注意してください。

関東も晴れていますが、夜は次第に雨のエリアが広がり、ザっと強まる所もありそうです。荒天となるのが、お帰りの時間帯と重なりますので、十分ご注意ください。

雷雲が近づくサイン その時どうする?

画像B

外にいる時、雷雲が近づいているかどうか、誰にでも簡単にわかる方法があります。雷雲が近づくサインは3つ。「真っ黒い雲が近づく」「ゴロゴロと雷の音が聞こえる」「急に冷たい風が吹く」です。このような変化を感じたら、まもなく激しい雨が降ったり、雷が鳴ったりする恐れがありますので、すぐに安全な所へ避難してください。

雷雲が近づく時、避難する場所は、近くのしっかりした建物や、車の中が良いでしょう。木の下での雨宿りは、木に落ちた雷が人に飛び移ることがあるので、危険です。万が一、周囲に避難する場所がない時は、両足をそろえて、頭を下げてしゃがみ、両手で耳をふさぎましょう。

単独の雷雲による激しい現象は、30分から1時間程度で弱まることが多いです。スマホなどで雨雲レーダーをチェックするなど、最新の情報を確認しながら、安全な場所で雷雲が過ぎるのを待ちましょう。

今日15日 南風強まる 関東など春一番か

画像C

15日は雨だけでなく、南風も強まり、近畿や東海、関東、北陸などで「春一番」が吹く可能性があります。
すでに関東などで南寄りの風が強まっていて、午前11時30分までの最大瞬間風速は、横浜市で南西の風19.9m/s、羽田空港で南西の風18.0m/sを観測しました。
このあとも「風に向かって歩きにくい」レベルの風の強さになる所もありそうですので、外出の際は十分ご注意ください。

そもそも、春一番が発表されるようになったのは、船舶の遭難事故が由来であると言われています。大昔になりますが1859年3月17日、現在の長崎県壱岐市(郷ノ浦)で、強風にあおられて船が転覆し、53人の漁師が亡くなるという事故がありました。これを理由に、春一番は、急発達する低気圧がもたらす強い南風を、防災上の注意を促す情報の1つとして、言い伝えられたという説があります。

暖かな南風による気温の上昇によって、融雪が一気に進む可能性もあるため、雪山の急斜面には近づかないでください。また、花粉も一気に大量飛散することになりそうです。

そして、今日日中は南寄りの風が吹く所が多くなりますが、低気圧が東へ進むにつれて、風向きは日本海側から北寄りに変わります。
風向きの変化に伴って、気温が急上昇した後、急降下するでしょう。今夜はすでに日本海側から北風に変わって、冬のような寒さになる見込みです。気温も乱高下するため、寒暖差にも注意が必要です。

春一番の条件とは(関東)

画像D

春一番とは、冬から春への移行期に、初めて吹く暖かい南よりの強い風のことです。気象庁の定義では、2月4日ごろの立春から3月20日ごろの春分までの間に、広い範囲で初めて吹く暖かく強い南風のことをいいます。

春一番が吹いたと発表されるには、期間や風向、風速、最高気温、気圧配置などの条件があり、風速や最高気温などの条件は、地方によって、少し異なります。

関東地方の春一番の条件は、次の事項を基本として総合的に判断します。

・期間 立春から春分までの間
・風速 南寄り(東南東~西北西)の風 具体的には東京で最大風速が8.0メートル以上
・気温 昇温した場合
・気圧配置 日本海に低気圧