メイン画像

明日15日(木)は、前線を伴った低気圧が本州付近を通過するでしょう。関東では南よりの風が強まって、「春一番」が吹く可能性もあります。最高気温は20℃を超える所があり、季節先取りの暖かさが続くでしょう。

明日15日(木) 最高気温は20℃超えの所も 急な雨に注意

画像A

明日15日(木)は、本州付近を低気圧や前線が通過する見込みです。

関東は午前を中心に晴れますが、次第に雲が広がってくるでしょう。夕方からは、にわか雨や雷雨になる所もありそうです。ザッと雨の降り方が強まることもあるでしょう。急な雨に備えて雨具をご用意ください。

気温は朝から高めで、日中は暖かい南よりの風と日差しで、グンと上がりそうです。最高気温は今日14日(水)よりさらに高くなり、20℃を超える所もあるでしょう。東京都心の最高気温は、21℃が予想されています。2月15日までに東京都心で20℃を超えると、2016年2月13日以来、8年ぶりのことになります。

明日15日(木) 関東で「春一番」か

画像B

明日15日(木)は、日本海に低気圧や前線が進み、この低気圧や前線に向かって暖かい南よりの風が吹くでしょう。「春一番」の発表の可能性があります。

関東の「春一番」の発表の条件は
①立春から春分の間
②南よりの風(東南東~西南西)で、東京で風速8メートル(内陸で強く吹かない地域があってもやむえない)
③前日より気温は高い
④日本海に低気圧(発達すればなお可)
となっています。

午後は次第に風が強まって、風に向かって歩きにくいほどです。車の運転は横風でハンドルがとられやすくなりますので、いつもよりスピードを落とすなど安全運転を心がけてください。

明後日16日(金) 気温急降下 寒暖差に注意

画像C

16日(金)は低気圧や前線が通過した後、北よりの風に変わって、冷たい空気にガラッと入れ替わるでしょう。日中は天気は回復しますが、気温はあまり上がらず、季節外れの暖かさは落ち着きそうです。15日(木)との寒暖差が大きくなりますので、服装選びにご注意ください。

17日(土)は朝の冷え込みが強まり、北部では氷点下の冷え込みになる所があるでしょう。東京都心も最低気温は3℃の予想で、この時期らしい気温に戻りそうです。寒さ対策をしっかりと行ってください。

寒気は一時的で、18日(日)の日中は最高気温が15℃を超えて、再び季節外れの暖かさになるでしょう。21日(水)にかけて、気温は平年より高い状態が続きそうです。花粉の飛ぶ量も上から2番目のランクの「多い」日も出てきますので、花粉対策も万全に行ってください。