アリアナ・グランデ、ニューAL『エターナル・サンシャイン』の新アートワーク公開&収録曲タイトルを予告

 アリアナ・グランデが、リリースを控えるニュー・アルバムに関連した新情報を続々と公開している。

 現地時間2024年1月27日、30歳のグランデは7枚目のアルバムとなる『エターナル・サンシャイン』の新しい別カバーをインスタグラムで公開し、さらに収録曲2曲のタイトルを明らかにした。

 今月初め、グランデは、『エターナル・サンシャイン』からリード・シングル「yes, and?」を公開し、アルバムが3月8日にリリースされることを発表していた。今回新たに解禁されたアートワークの別バージョンは、ブロンドのポニーテール姿で白いドレスに身を包んだグランデが、同じような服装の女性の肩の上に頭を置く様子を背後から捉えた美しい写真だ。このアートワークのアルバムは、彼女の公式ウェブサイトで予約することができる。

 グランデは以前、『エターナル・サンシャイン』には複数のアートワークがあることを明らかにしており、これまでに赤い唇が特徴的な彼女の顔半分のクローズアップ、白いベビードールのトップス姿で赤いチュールの手袋をしてポーズするアートワークが公開されている。

 さらには、自身のインスタグラム・ストーリーで『エターナル・サンシャイン』の13曲入りトラックリストを予告した。オープニング曲のタイトルは、「intro (end of the world)」、5曲目は「eternal sunshine」、そして9曲目が「yes, and?」で現時点では残りの曲のタイトルは明らかにされていない。

 3月発売予定のニュー・アルバム『エターナル・サンシャイン』より2か月弱先行してリリースされた「yes, and?」は、前週の米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で1位に初登場していた。首位デビューしたことが伝えられた現地時間1月22日、グランデは「この曲がこれほど多くの人々の心に響いたということに圧倒されますし、心から感動しています」と自身のインスタグラム・ストーリーに綴り、「皆さんに理解され、抱きしめられていると感じられることは素晴らしい贈り物です!皆さんのポジティブさ、サポート、そして全てに感謝します。皆さんが私にとってどれほど大切な存在であるか計り知れないです!これは絶対に皆さんのおかげであり、完全に皆さんのためです。ありがとう!」と感謝していた。

 2020年に『ポジションズ』をリリースして以来、グランデはr.e.m.ビューティーの事業とブロードウェイ・ミュージカル『ウィキッド』の実写版映画の撮影に専念してきた。この3年間、他のアーティストの楽曲へのゲスト参加(Hot 100で1位を獲得したザ・ウィークエンドとの「Die for You」やデミ・ロヴァートとの「Met Him Last Night」など)やデビュー・アルバム『ユアーズ・トゥルーリー』の10周年記念盤のリリース以外、積極的に音楽活動は行っていなかった。