エリカ・デ・カシエール、ブラッド・オレンジ/シャイガールら参加のニューAL『Still』発売決定

 エリカ・デ・カシエールが、3rdアルバム『Still』のリリースを発表し、ファースト・シングル「Lucky」を公開した。

 33歳のデンマーク人シンガー・ソングライター兼プロデューサーである彼女は、2019年のデビュー・アルバム『Essentials』でカルト的な人気を築き、2021年の<4AD>からは初となるアルバム『Sensational』でそのカルト的存在をさらに力強く打ち立てた。それ以来、彼女は世界最大級のフェスティバルでパフォーマンスを行い、NewJeansに楽曲を提供し、ムラ・マサ、シャイガールなどがリリースしたダンス・トラックへも参加してきた。

 ラグジュアリーなエレクトロニカと、月光に照らされたようなR&Bをミックスした彼女の独特なサウンドは、このアルバムでさらに掘り下げられている。彼女のソングライティングはこれまでと同様、巧み、かつ万人受けするものであり、プロデューサーとしての技能が向上し、初めて自分以外の声(ゼイ・ヘイト・チェンジ、シャイガール、ブラッド ・オレンジ)をプロデュースしている。また、彼女は新たなコラボレーターを招き、サンプリングだけでなく生演奏のミュージシャンとも仕事をしている。

 『Essentials』と『Sensational』の共同プロデューサーを務めたDJセントラルことネイタル・ザックスが再び参加したが、他にも、ジョナサン・ジュル・ルドヴィグセン、カール・エミール・ヨハンセン、ニールス・カーク、クリスチャン・ローデ・リンディンガー、ニック・レオン、キルスティン・ニュフス・ヤンセン、トビアス・サックスを迎え、生演奏のドラム、シンセ、ギター、ベースなどが加わった。

 「私の音楽を知っている人たちを満足させたいと思う自分がいる。だから、あまりサウンドを変えたくない。でも自分が成長したいという気持ちには応えたいし、現状に留まっていることもしたくない。でも、自分のサウンドから逃れるのは難しいということにも気づいたの」と彼女は話している。

 『Still』は、2024年2月21日にデジタル先行リリースされ、23日にフィジカルが発売される。国内盤CDはボーナス・トラックを追加収録し、解説書・歌詞対訳が封入される。輸入盤CDに加えLPは通常盤に加え限定盤(クリア・ヴァイナル)の2形態で発売される。

◎リリース情報
アルバム『Still』
2024/2/21 DIGITAL RELEASE
2024/2/23 CD RELEASE