マンガ/上大岡トメ
マンガ/上大岡トメ
この記事の写真をすべて見る

「相手の立場になって考えなさい」

 と、よく言われる。

 でも、これって、けっこう難しい。

 とっさになかなかできない。

 だから、心に余裕がある時に、「入れ替わりの術」を使って、その人になって、自分のことを見てみる。

 意外と、これ、いろんな発見がある。

 人なんて思い通りになるはずがない。分かっているけれど、仲間に子供に夫についイライラしてしまう。

「わたしは、こんなに一生懸命にやっているのに……」

「なんで、わたしのことを分かってくれないの」

 わたしも、しょっちゅうそう思って、悲しくなったり、投げやりになったり。

 でも、心の余裕のある時に、入れ替わって楽しんでみる。

「わたしが、出張の時に、テレビばかり見てないで、ちょっとくらい部屋の掃除してくれたらいいのに」

 と、夫に腹を立てていた。

 そんな夫と入れ替わってみる。

「嫁もいないし、気楽やし、ふだんゆっくり観れないDVD借りて来よう!」

 そんなふうに考える自分がいる。それが分かると、

「そんなに自分の都合の良いように動いてもらえるわけないか」

 と、あきらめがつく。

「ちょっとは、連絡しなさいよ」

「ダラダラしてばかりいるんじゃない」

 と、しょっちゅう娘たちにイライラしている。

 そんな娘と入れ替わってみる。

「たまには、母親に連絡したほうがいいけど、連絡してもバタバタしているし、たまに会うと説教されるし、そっとしておこう」

「でも、お小遣いだけは欲しいなあ」

 そんな娘たちの気持ちになると、彼女たちの行動も分かる。

 人間、50歳を過ぎると、20代の部下やバイトとなかなか話がはずまないことだって多い。そんな彼らと入れ替わってみる。

「大谷さんに何を話せばいいんだろう」

「下手に話しても、突っ込みを入れられるだけかもしれないし……」

 そんなふうに考えてしまうだろう彼らの気持ちに気づく。

暮らしとモノ班 for promotion
もうすぐ2024年パリ五輪開幕!応援は大画面で。BRAVIA、REGZA…Amzonテレビ売れ筋ランキング
次のページ