2012年を私はインターネットサーフィン中に迎えた。 原稿が全然終わらず、年越しで仕事をしていたからである。

続きを読む