メイン画像
メイン画像
この記事の写真をすべて見る

台風19号は発達しながら北上し、非常に強い勢力になる予想です。21日(火)から22日(水)頃にかけて西日本に接近、上陸の恐れがあります。

台風19号 非常に強い勢力に

画像A
画像A

台風19号は日本の南を勢力を強めながら北上する予想で、20日(月)には「非常に強い」勢力になる予想です。台風の強さは最大風速で決まり、「非常に強い」は強い方から二つ目のランクです。
その後も北上し、21日(火)から22日(水)には西日本に接近、上陸の恐れがあります。予報円がまだ大きく進路に幅があるような状況ですが、この海域の海面水温も高いため、台風はあまり勢力を落とさずに西日本や南西諸島に近づく恐れがあります。

大荒れ警戒

台風が予報円の東側に進路をとれば、21日(火)から22日(水)ごろは西日本を中心に雨や風が強まるでしょう。暴風が吹き荒れたり、大雨となる恐れがあります。予報円の西側に進路をとれば、沖縄など南西諸島を中心に大荒れの天気となりそうです。また、台風の接近前から太平洋沿岸には台風のうねりが入るため、今週末の海水浴も注意が必要です。晴れていても急に高い波が押し寄せる恐れがあります。

台風のたまごも

画像C
画像C

さらに、台風19号の東側にもまとまった雲があります。台風のたまごである熱帯低気圧の雲です。今後、台風に発達するかはまだはっきりしませんが、この熱帯低気圧の動向にも注意が必要です。

暮らしとモノ班 for promotion
Amazonの「Fashion ✕ 夏先取りタイムセール祭り」で夏のファッションや暑さ対策小物を準備しよう!