天気は日本海側から下り坂です。27日火曜日、秋晴れをもたらした高気圧は東へ離れて、前線が近づく見込みです。太平洋側にも雲が広がり、雨の降る所があるでしょう。雨で乾いた空気が潤いそうです。

この記事の写真をすべて見る

空気はカラカラ

「最近、雨らしい雨が降っていないな」と思っている方、西ほど多いかもしれません。
最後に1日に1ミリ以上の雨が降った日を調べてみました。高知や広島は1日、鹿児島2日など20日以上、雨らしい雨が降っていません。
また、全国的に乾いた空気に包まれていて、広く乾燥注意報が発表されています。また、きょう(26日)最も湿度が低かったのは埼玉谷19%と、10月としてはめったにない数字でした。

27日火曜日 空気潤う

27日、前線が日本海側から近づくため、天気は日本海側から下り坂です。太平洋側も東海上の高気圧周辺から湿った空気が入るため、湿度が高くなるでしょう。
tenki.jpの「うるおい指数」を見ると、キラキラした表示が多くなっています。特に空気が潤うのは九州から関東。肌に優しい一日となりそうです。
ただ、空気が潤うということは雨が降りやすくなるということ。各地の雨の降る時間をまとめました。

雨の降る時間帯は?

●九州、中国、四国
九州は早い所では北部は朝から、南部は午後から雨でしょう。中国、四国は夕方から雨が降り出し、夜には広く雨となりそうです。雷を伴って雨がザッと降ることもあるでしょう。
●近畿、東海、北陸
朝は青空が広がっていても、次第に雲が増えるでしょう。夜になると、所々で雨が降り、雷の鳴ることもある見込みです。朝出かける時に傘を忘れずにお持ちください。
●関東
雲が増えますが、昼前後を中心に晴れ間が広がるでしょう。夜は雨がパラつく所もある見込みです。折り畳み傘をかばんの中に入れておくとよさそうです。
●東北、北海道
日中は概ね晴れて、昼間の寒さは和らぐでしょう。夜になると、日本海側ほど雨雲がかかりやすくなる見込みです。お帰りが遅くなる方は傘があると安心です。

暮らしとモノ班 for promotion
【まとめ買いで最大19%OFF】いつもAmazonで買っている水やドリンクがもっとお得に!「飲料サマーセール」