AERA dot. 5th anniversary

アマゾンジャパン 採用の基準は「プリンシプルへの共感」

このエントリーをはてなブックマークに追加
高橋有紀AERA

(右上から時計回りに)中山洋平さん。アマゾンウェブサービスでクラウドサポート業務に携わる。2017年に新卒で入社/アンジェラ・クランツさん。リーガルディレクター。大手コンサル会社などを経て2016年に入社/黒川照美さん。ライフ&レジャー事業部シニアプロダクトマネージャー。2008年に入社。シアトルで採用・勤務後、日本へ/森本莉子さん。ファッション事業部でShoes&Bagのブランドマーケティングを担当。2017年に新卒で入社(撮影/写真部・小原雄輝)

(右上から時計回りに)中山洋平さん。アマゾンウェブサービスでクラウドサポート業務に携わる。2017年に新卒で入社/アンジェラ・クランツさん。リーガルディレクター。大手コンサル会社などを経て2016年に入社/黒川照美さん。ライフ&レジャー事業部シニアプロダクトマネージャー。2008年に入社。シアトルで採用・勤務後、日本へ/森本莉子さん。ファッション事業部でShoes&Bagのブランドマーケティングを担当。2017年に新卒で入社(撮影/写真部・小原雄輝)

人事部 ディレクター・上田セシリアさん/モトローラ・ジャパン、P&Gジャパンなどを経て、2014年にアマゾンジャパンに入社(撮影/写真部・小原雄輝)

人事部 ディレクター・上田セシリアさん/モトローラ・ジャパン、P&Gジャパンなどを経て、2014年にアマゾンジャパンに入社(撮影/写真部・小原雄輝)

 2000年に本のECサイトとして日本に上陸したアマゾン。いまやあらゆるものを扱い、他の追随を許さない巨大ECサイトに成長した。一方で、アエラが行ったアンケートでは、回答した137人のうち「アマゾンを使っている」と答えた人が96%。同時に、「できれば使いたくない」と答えた人が44%もいた。拡大の原動力は。便利なのに不安にさせるものの正体は。AERA 2017年7月24日号では「アマゾン」を大特集。

 昨年12月末時点でアマゾン社員は世界に34万1400人。今年1月には米国で、10万人規模でフルタイム社員を募集すると発表した。どんな採用が行われているのか。

*  *  *
 事業が拡大するにつれて、従業員数も爆発的に増えているアマゾンジャパン。「amazon jobs」という採用サイトを見ると、7月13日現在、勤務地を東京に限っても525件の求人が出ている。フェイスブックやLinkedInなどのSNSで採用情報を発信し、2012年からは毎年、新卒も採用している。

 激戦を潜り抜けて入社した新卒、中途の4人と人事の責任者に、「アマゾンで働くということ」について聞いた。

●エンジニアに英語面接

──みなさんの現在の仕事を教えてください。なぜアマゾンを選んだのですか?

森本:4月に新卒で入社し、5月にファッション事業部に配属されました。アマゾンを志望したのはいい意味で予測不可能だと思ったから。展開が早すぎて5年後も想像できない。そこにワクワクしました。

中山:僕も今年の春に新卒で入社しました。アマゾンウェブサービス(AWS)のエンジニアです。多くの企業が使うAWSなら、幅広い知識を得られると思いました。

クランツ:法務担当責任者をしています。1990年代前半から日本で働き、アマゾンには1年前に入社しました。大局的にリスクをみて、会社を保護しながらどうカスタマーエクスペリエンスを改善できるのか、そういったことを考えています。

黒川:私は08年入社で、当時シアトルで働いており、シアトルから日本をサポートするJPブラウズというチームに入りました。先月からライフ&レジャー事業部に所属しています。

──採用試験の過程で印象に残ったことはありますか。

中山:英語の面接がありました。エンジニア職ではめずらしいかも。留学経験があり、英語でディスカッションするサークルをやっていたので、グローバルに活躍できそうだなと展望が広がりました。


トップにもどる  ネット・ITニュース一覧


このエントリーをはてなブックマークに追加