56年ぶりの大改装「銀座駅」 光をまとった歴史と文化を表すデザインは必見

dot.
鉄道
「オリエンテーションサイン」として、天井に改札付近のランドマークが映し出された銀座四丁目交差点改札。銀座線は円形である(c)朝日新聞社
丸ノ内線の数寄屋橋交差点改札のオリエンテーションサインは、チェリーレッド(赤色)の三角形。光柱で柱も赤く光っている(撮影/岸田法眼)
日比谷線の中央改札のオリエンテーションは四角形。手前の光柱はシルバーホワイトで光る(C)朝日新聞社
銀座線100年の歴史がデザインされたホームの壁面(C)朝日新聞社

 東京メトロ銀座駅が開業して86年。2019年度の1日平均乗降人員は25万7440人で、東京メトロの管理駅では4番目に多い。東京を代表する繁華街・銀座への玄関口として、多くの人々に親しまれている銀座駅が大幅にリニューアルされ、大半の部分が完成した。彩りが増した銀座駅を御案内しよう。

【写真】銀座線100年の歴史がデザインされたホームの壁面

*  *  *
■銀座駅の歴史を振り返る

 銀座駅は東京メトロの前身の東京地下鉄道時代、中央通りの下に建設され、1934年3月3日に開業した。3つ手前の三越前駅に倣い、松屋、三越、松坂屋(2013年6月30日閉店。跡地はGINZA SIXとして、2017年4月20日に開業)の各デパートに直結し、買い物客の利便性を図った。

 その後、新橋延伸や東京高速鉄道(新橋~渋谷)との相互直通運転を経て、1941年7月4日、営団地下鉄が設立され、双方の運行を引き継ぐ。当初、路線名はなかったが、1954年1月20日に丸ノ内線池袋~御茶ノ水の開業を控えていたことから、1953年12月1日に「銀座線」と命名された。

 丸ノ内線は開業後も御茶ノ水から先の建設工事が順調に進み、1957年12月15日、東京~西銀座が延伸された。12月10日に公式試運転を開始してからわずか5日後の開業で、商業施設の年末商戦に間に合わせた格好だ。新設の西銀座駅は数寄屋橋公園の真下に建設されたが、銀座線銀座駅とは直結しておらず、乗換駅とはならなかった。

 その後、銀座駅と西銀座駅の下に日比谷線の銀座駅を建設することになった。銀座線と丸ノ内線をくぐる難工事であったが、1964年8月29日、東銀座~霞ケ関の延伸と同時に開業し、全通。東京オリンピックに間に合わせた。これに伴い西銀座駅は銀座駅に統合され、日本の地下鉄で初めて同じ駅に3つの路線が交わった。

 2004年4月1日、営団地下鉄の民営化により東京メトロが発足。バリアフリー対応などの小規模な整備が行われた。そして2012年12月17日、銀座線開業85周年を機に、「伝統×先端の融合」をコンセプトとした全駅のリニューアルを発表。上野駅、稲荷町駅、神田駅のデザインコンペを皮切りに、車両更新、ホームドアの整備なども含めた、銀座線の大規模リニューアル工事がスタートしたのである。

■光で彩られた新しい銀座駅

 銀座駅のデザインコンセプトは、「憧れの街」「人と街をつなぐ光のゲートアベニュー」である。

(1)改札口
 6カ所ある改札は、「銀座の街の重厚感、上質感」を表現するため、黒を基調としたデザインで、ダウンライトにして光量を抑えたのが特徴だ。まるで非日常の世界にいるようだ。改札を出て、直接照明の光を浴びると、日常の世界に戻ったような感覚を受けるだろう。

 床や天井のデザインも凝っている。銀座線は床のタイル、天井のパネルは四角ながら、銀座四丁目交差点改札全体が円形になるようにデザインされている(ただし、銀座線の松屋方面改札はコンパクトな構造のため、円形になるようなデザインではない)。丸ノ内線は三角、日比谷線は四角に統一された。

 特に銀座線の銀座四丁目交差点改札、丸ノ内線の数寄屋橋(すきやばし)交差点改札、日比谷線の中央改札は、天井に「オリエンテーションサイン」と称する光のパネルがあり、当該改札付近のランドマーク(建物の近影)を映し出す。これにより、銀座の名所はどの改札を利用すればいいのか、ひと目でわかるようにしている。こちらも銀座線は円形、丸ノ内線は三角、日比谷線は四角で、統一性を図った。

 なお、ランドマークの背景ライティングは4種類あり、初電から7時までは朝、7時から16時までは日中、16時から19時まで夕方、19時から終電までは夜をイメージしている。

 リニューアルの目玉といえるのは光柱で、各線の改札口、乗り換え路線の最寄りとなる階段付近に設けた。内訳は銀座線57本、丸ノ内線49本、日比谷線24本で、乗り換えの路線をよりわかりやすくしている。

色は下記の通り。

・銀座線:ラインカラーのオレンジイエローではなく、現行車両1000系の車体カラー(フルラッピング)を表すレモンイエロー。

・丸ノ内線:ラインカラーのスカーレットに準じたチェリーレッド。

・日比谷線:ラインカラーのシルバーに準じたシルバーホワイト。

 光柱のガラスには、各線の路線記号(銀座線はG、丸ノ内線はM、日比谷線はH)の模様を無数に並べている。

(2)出入口
 銀座線側のA2・3・8・9・13出入口が建て替えられ、ガラス張りに。暗くなると、銀座線電車のレモンイエローの光が灯り、遠くからでも銀座線の駅であることを暗に示す。ガラスに描かれた模様は銀座線の路線記号Gが並び、明るい時間帯でも、どの路線の出入口なのか識別しやすいようにしている。

 現時点、出入口の改築は上記のみ。ほかの出入口については検討中だという。仮に全32カ所の出入口が改築された場合、丸ノ内線側はチェリーレッド、日比谷線側はシルバーホワイトの光が灯る。

(3)銀座線ホーム1・2番線
 ホームの側壁に、銀座の街の移り変わりが1920年から2027年まで時系列で並ぶ。まだ歴史を築いていない2027年が掲げられたのは、「地下鉄開業100周年」を表す。

 なお、銀座線ホーム2番線の松屋方面改札寄りに、我が国の鉄道の有人駅では非常に珍しい男女共用トイレ(注、身障者用のトイレではない)が存在していたが、リニューアル工事がスタートした頃に閉鎖された。

(4)パブリックアート
 銀座駅をきらびやかに彩るものとして、化粧品メーカーでおなじみの資生堂がパブリックアート「光の結晶」を寄贈し、B6出入口付近に展示された。世界的アーティストの吉岡徳仁(とくじん)氏を起用し、制作したものである。636個のクリスタルガラスを集積した光の彫刻で、完成まで2年半を要したという。

 東京メトロでは、ゆとりとうるおいのある文化的空間の創造を目的に、駅の新設やリニューアルに合わせてパブリックアートの設置を推進しており、今回の銀座線リニューアル工事では、京橋、虎ノ門、青山一丁目、外苑前の各駅に設置される。

(5)その他
・丸ノ内線側は地下1階から地上1階へのエレベーター、日比谷線~丸ノ内線乗り換え用の階段昇降機をそれぞれ新設した。

・一部の地下出入口には、地上のランドマークが描かれている。

・数寄屋橋交差点改札から銀座四丁目交差点改札のあいだに、待ち合わせや休憩に使えるスペースを設けており、コンセントを備えている。

■気になるレモンイエローの光色

 銀座駅リニューアルの大半は2020年6月の完成を目指していたが、新型コロナウイルスの影響なのか、4カ月遅れた。すべての完成は2023年度を目指しており、バックヤードや出入口の整備を行う。

 気になるのは、銀座線の光色をレモンイエローにしたこと(不覚にも色の違いは原稿執筆時に気づく)。東京メトロ駅の出入口表示は黄色を用いており、かえって混乱を招く恐れがある。日頃、銀座線を利用する人々にとって、ラインカラーはオレンジイエロー、レモンイエローのどちらを認識しているのだろうか。

 後日、私用のついでに再訪し、報道公開で案内されていないオリエンテーションサインのない改札をまわってみると、利用客は特に気にならない様子。どうやら私の思い過ごしのようだ。ただ、レモンイエローのきらびやかな光を見ると、将来、銀座線のラインカラー自体が変わる可能性を暗に示唆しているように思う。

■新型コロナウイルスの影響は……

 東京メトロ広報によると、新型コロナウイルスの影響で運賃収入などが減少し、2020年度の設備投資を1690億円から1400億円に見直したという。ホームドアなど、安全性の向上や人命を守るための設備、車両更新、すでに着工した工事は予定通り進めていくそうだ。

 銀座線でリニューアル工事未施工の駅は、三越前、新橋、溜池山王、赤坂見附、表参道の5駅。このうち、新橋以外はデザインが決まっていないという。当初、2022年度の全駅完成を目指していたが、数年遅れるものと思われる。(文・岸田法眼)

取材協力/東京地下鉄

岸田法眼(きしだ・ほうがん)/『Yahoo! セカンドライフ』(ヤフー刊)の選抜サポーターに抜擢され、2007年にライターデビュー。以降、フリーのレイルウェイ・ライターとして、『鉄道まるわかり』シリーズ(天夢人刊)、『論座』(朝日新聞社刊)、『bizSPA! フレッシュ』(扶桑社刊)などに執筆。著書に『波瀾万丈の車両』(アルファベータブックス刊)がある。また、好角家でもある。引き続き旅や鉄道などを中心に著作を続ける。