科学と社会をつないでいく 科学コミュニケーター・本田隆行

AERA「現代の肖像」

AERA
現代の肖像
仕事の対象は、森羅万象。一人でどこへでも向かい、社会にあるさまざまな「間」をサイエンスで橋渡しする(撮影/MIKIKO)

 科学コミュニケーター、本田隆行。天文学者になりたい。その夢を追いかけて惑星科学を学び、大学院生のときは、はやぶさのプロジェクトにも参加した。だが、研究者の道は断念。代わりに覚悟を決めて飛び込んだのが、サイエンスコミュニケーションの世界だった。使命は、科学と社会をつなぐこと。日本中の「わからない」に耳を傾け、科学的に考えるためのヒントを届ける。

【この記事の写真をもっと見る】

*  *  *

 ディレクターからキューが飛ぶと、本田隆行(ほんだたかゆき)(39)の朗々とした声が室内に響いた。

 その日、本田がいたのは、東京都小金井市にある情報通信研究機構の一室。同研究員とゲストクリエーターら4人によるYouTubeトーク番組のファシリテーションを任されていた。

「見えないものを見るために、何が必要ですか?」

 本田からの問いかけに、研究者とクリエーターが、それぞれの立場から意見を述べていく。

「まずはデータを集めないといけません。その中から何を見える化していくかを考えることです」

「私の場合、データから『これは不可能だな』とかは検証せずに、まず作っちゃいますね」

「確かに、とりあえず手を動かして、可視化することで見えてくるものもありますよね」

 本田の問いを起点に、議論が深まりをみせる。

 最初の質問の狙い。それは形なき情報を扱う研究者と、形ある物を作るクリエーターの間に、思考の「接続点」を見いだすことにあった。

「今までにない角度の問いをぶつけることで、新しいアイデアや化学反応が生まれるきっかけができる。科学コミュニケーターの役割は、正解を出すことではなく“つなぐ”ことなんです」

 本田は、全国でも数人しかいないフリーランスの科学コミュニケーターだ。

 仕事の領域は広い。これまでに科学に関する展示のプロデュース、科学イベントの企画・実演・ファシリテーション、メディア出演、書籍の執筆、大学講師と、「科学のことならジャンルを問わず首を突っ込んできた」。その活動が評価され、2017年には日本サイエンスコミュニケーション協会奨励賞の初代受賞者にも選ばれた。

■将来の夢は天文学者 「はやぶさ」にも携わる

 取材中、関係者から異口同音に聞いたのが「『この仕事、誰に頼めばいいの?』ってときこそ、真っ先に本田さんの顔が浮かぶ」という言葉だ。

古巣の日本科学未来館を歩くと、そこかしこでスタッフから「元気?」と声をかけられる。広報の長田純佳は「困った人がいるとほっとけなくて、どこへでも飛んでいくのは昔から変わってません」と話す(撮影/MIKIKO)

「行政や研究機関は研究成果のアウトリーチに悩む一方で、企業や一般の人々は科学技術に無関心という現状がある。その間に立って、コミュニケーションの橋渡しをするのが科学コミュニケーターです。そのためなら、話すし、作るし、書く。つなげる方法は問いません」(本田)

 幼い頃から、自然や宇宙が好きだった。大阪府枚方市育ちで、5人兄弟の長男。母親の峰子は、熱心に図鑑をめくる本田の姿を記憶している。

「当時住んでいた団地の前に、毎週市の移動図書館がきてたんです。そこでよく星座や実験の本を借りて夢中で読んでいましたね」

 小学生の頃は、夏休みや冬休みになると父母の実家がある鳥取県に帰省し、天体観測に熱中した。暗闇から滴り落ちてきそうなほど満天の星々に心を奪われ、将来は天文学者になると決めた。

「その頃、ちょうど宇宙に関する歴史的な出来事がたくさんあったんです。ボイジャー2号が初めて海王星の撮影に成功したり、毛利衛さんがスペースシャトルに乗って宇宙に行ったのをテレビにくぎ付けになって見ていました」(本田)

 高校卒業後は、全国でも数少ない惑星科学が学べる神戸大学理学部に進学。物理、化学、地学などの基礎科学全般を学んだ後、同大大学院の自然科学研究科(当時)に進んだ。当時取り組んでいた研究テーマは、「小天体を模擬した表面の光散乱の特性」。指導教官だった神戸大学大学院理学研究科准教授の中村昭子は言う。

「本田さんは小天体の表面の粗さや構造が光の色や見え方に与える影響を調べていました。とても主体的に実験に取り組んでいましたよ。他の研究メンバーとも生き生きと交流していました」

 また、院生1年目のときには、小惑星探査機「はやぶさ」のプロジェクトにも携わり、JAXAの相模原キャンパスに泊まり込んだこともあった。

「朝早く解析室に行くと、人類が見たことのない小惑星の画像が探査機から届いてるんです。めっちゃ興奮しましたよ。探査機の影が画像に映っているだけで『おお!』と盛り上がったり(笑)」

 はやぶさプロジェクトの研究員で、日本大学理工学部准教授の阿部新助は、当時をこう振り返る。

「現場には、研究者やエンジニアが20人ほどいて、毎日イトカワの画像を見ながらブリーフィングを開いていました。本田くんは場を盛り上げるようなキャラクターで、物怖じせずに話せる。どんな場でもすぐになじんでいましたね」

 はやぶさの成果論文は、2011年に米科学誌の「Science(サイエンス)」で特集され、うち2本の論文に本田もメンバーとして名を連ねた。天文学者に向かって、着実に歩みを進めているように見えた。

 ところが、本田は博士課程への進学を断念する。決定打となったのは、図らずもはやぶさのプロジェクトで得た経験だった。

「名だたる研究者たちは、生活の全てを研究に捧げるほどの熱意や覚悟があった。しかし自分は『そこまで一つの研究に没頭できない』と思ってしまったんです。その頃は後ろ向きな気持ちでした」

 大学院修了後は、地元の枚方市役所に入庁。環境総務課、保護課、広報課(課名は当時のもの)に配属され、計5年間市政に尽くした。

■社会と科学をつなぐ役割 震災をきっかけに痛感

 一方で、科学に対する純粋な好奇心が消えることはなかった。環境総務課では、市の廃校で星空観察会をして環境保護の必要性を知るイベントを企画。また、環境省から燃料電池自動車を借りて、市内の小学校に出前授業をしたこともあった。

 本田の新人研修を担当した枚方市役所職員の菊地武久は、当時をこう振り返る。

「研修で泊まった施設にある反射望遠鏡を使って、ほかの新入職員を天体観測に誘ったり、即興の天体講座を開いたりしていました。彼は、仕事中もいつも笑顔で丁寧にサポートしてくれましたよ」

 また、広報課で本田の上司だった林訓之は、本田の「人をつなげる力」に感心したと話す。

「本田くんは、誰とでも気さくに話ができるので職場の人気者でしたね。庁内での関係課との調整も、持ち前の調整力でうまくこなしていました」

 転機が訪れたのは、29歳のときだ。

 東京の友人の結婚式に参加した折、空き時間にお台場の日本科学未来館を訪れた。帰宅後、同館のホームページを何気(なにげ)なく眺めていて見つけたのが、「科学コミュニケーター募集」の文字だった。

「初めは『科学コミュニケーターって何だ?』という感じでした。募集条件を見ると、『科学と社会をつなげる役割を担う人材。いろいろな社会経験があると尚良し』などと書かれている。その瞬間に、『これ、俺のことやん!』って思いました」

 雇用期間は、最長5年。安定を考えれば、公務員の地位を捨てるのは無謀だ。だが、大学院時代のあのとき、研究の道に挑まず諦めた気持ちに区切りをつけたかった。こうして本田は、市役所の職を辞し、「単身武者修行に出るような感覚」で12年4月から日本科学未来館で働き始める。

 しかし、そもそもサイエンスコミュニケーションとは何だろうか。その疑問は、客前に立つようになってからますます深まった。

「まずは、自分なりのサイエンスコミュニケーションを追求する必要があると感じました」

 国内におけるサイエンスコミュニケーションの端緒は、1990年代半ばに国が打ち出した「科学技術創造立国」政策にある。2006年に策定された第3期科学技術基本計画では、「科学技術の成果の社会への還元」が重視され、研究成果のアウトリーチと市民理解を促す「科学技術コミュニケーター」養成の必要性が明記された。これを受け、日本科学未来館では09年からオンザジョブによる養成事業を開始。21年度末までに、160人の科学コミュニケーターを輩出している。

 日本科学未来館初代館長で、科学コミュニケーターの育成に尽力してきた毛利衛は、「サイエンスコミュニケーションの必要性を痛感したのが、東日本大震災のときだ」と語る。

「震災後、市民の間に放射能汚染の不安が広がる中で、未来館では親子向けに放射線に関するワークショップを開きました。そこで簡易測定器を使いながら、放射線は自然にあることなどを数値を見せて説明しましたが、幼い子を連れた母親たちは『本当に安全なのか?』と信じられない様子でした。そのとき、専門家が一方的にエビデンスを示すだけでは、信頼に足るコミュニケーションは成立しないと痛感したのです」

 これからの社会では、研究者だけでなく市民の目線に立って科学の話ができる人材が必要になる。その意識の下、本田は一心不乱に科学コミュニケーターとしての訓練を積んでいく。

(文中敬称略)(文・澤田憲)

※記事の続きは「AERA 2022年5月30日号」でご覧いただけます。