サバイバルロケもなんのその、自然を全力で楽しむ姿が子どもたちにも大人気のタレント・あばれる君ですが、家庭に戻れば2人の男の子のパパでもあります。多忙な仕事の中で誠実にわが子と向き合うあばれる君、その子育ての日々を聞きました。※後編<あばれる君が子育てで大切にしている3つの“モットー”とは 「子育てって二度と味わえない瞬間の連続」>に続く

MENU 野球を始めた息子のために、週末は球拾いやってます ラーメンはスープから! フライドチキンの骨でもいいだしが出ますよ 怒りで子どもをコントロールしたくない。ほめ言葉は大盤振る舞いです

野球を始めた息子のために、週末は球拾いやってます

――お子さんは小学1年生と2歳の男の子2人だそうですね。あばれる君に似て元気なお子さんですか?

 すっごく元気です。今も近くの公園でキャッチボールしてきたばかりなんですよ。次男は2歳なので、走り回っているだけですけどね。

 長男は、小学校に入学してすぐ地域の野球チームに入りました。練習は土日にあるので、ぼくも朝から付き添って、球拾いとかもがんばっています!

――あばれる君が球拾いしているんですか?

 まさかこの年で球拾いするとは思っていなくて(笑)。ほかのパパたちも練習にはけっこう来ているので、ぼくもちゃんとやらなきゃと思ってます。

――ご家庭では、家事や子育てを分担しているんですか?

 お互いできるところをやるって感じですね。奥さんが朝食と弁当を作って、ぼくが昼食と夕食を作ります。ぼくは洗濯ができないので奥さんに任せますけど、トイレ掃除とお風呂掃除はぼくの担当。手が空いているほうが子どもの面倒をみるという感じで、一日中「無言のバトンタッチ」が繰り返されています。

――先ほど「ぼくは洗濯ができない」と言っていましたが、どういう意味ですか?

 うちの洗濯機はボタンが多くて、操作方法が覚えられないんですよ(笑)。ぼくはたたむのも苦手なので、きれいにたためる奥さんにお願いしています。

 家事って得意な人が得意なことをしたほうがいいですよね。だからぼくは、できるだけ料理を担当しています。昼食にガーッと焼きそばなんかを作ると、意外に感謝される。ぼくは好きでやっているので負担でも何でもないんですけど、奥さんに喜ばれるとうれしいですね。

著者 開く閉じる
神素子
神素子
NEXT家族に評判の料理は?
1 2 3