冒険しながら地方創生 偉人や伝説をちりばめた“ご当地RPG”の意外な実力

2021/09/07 11:00

「キズナファンタジア」のゲーム画面。左画面上は市内の実在する神社でパワースポットとしても知られる釣石神社がモチーフ(写真/石巻市提供)
「キズナファンタジア」のゲーム画面。左画面上は市内の実在する神社でパワースポットとしても知られる釣石神社がモチーフ(写真/石巻市提供)

 地元の魅力を、若い人たちにこそ知ってほしい──。地方創生を意図したゲームが静かな広がりを見せている。課題はあるが、情熱と可能性は大きい。AERA2021年9月6日号の記事から。

【冒険の世界がさいたま市? 写真の続きはこちら】

*  *  *
 主人公を先頭に、二次元のドット絵で表現されたフィールドを歩く。モンスターを倒して街を巡り、魔物がはびこる世界を救っていく──。

 今年3月31日にリリースされたスマホゲーム「キズナファンタジア 海辺の国の大聖典」は、まさに昔ながらの王道RPG(ロールプレイングゲーム)だ。クリアにかかる標準的なプレイ時間は25~40時間程度で、無料アプリながら往年の商業ゲームと比べても遜色ない。

 ただし、このゲームは王道RPGとは違った一面も持つ。ゲームを紹介するときに使われるのは、「石巻市地方創生RPG」の言葉。冒険の舞台は宮城県石巻市の市域そのままだ。実在する街や集落を巡り、市内の名所も重要な舞台として多数登場する。ストーリーラインには市に残る伝説もちりばめられ、プレイしながら実際の石巻を巡っているようにすら感じられる。

 このゲームは、石巻市が市の事業として制作した。産業部観光課の大和友大朗(やまとゆうたろう)さんは狙いをこう説明する。

「ゲームを通して若い人に地元に興味を持ってもらう、そして市外の人にも石巻を知ってもらい、誘客を図ることが目的です」

■モンスターは市の名物

 石巻は県2位の人口を有するが、高校を卒業すると街を出る人が多い。若者からは、「石巻は何もない」という言葉も聞く。観光課への問い合わせも、ほとんどが中高年層からだった。ゲームの力で若い世代に訴求し、郷土愛の醸成と観光誘致につなげる。まさに「地方創生」を目指したRPGなのだ。

 きっかけは市の政策コンテストでの地元高校生の提案だった。商工課の高橋華実さんは言う。

「石巻は漫画家・石ノ森章太郎ゆかりの地で、これまでもマンガを生かした街づくりを進めてきました。ゲームを使った街づくりは地域にあった取り組みで、若い人の声を政策に盛り込めた点も意義のあることでした」

NEXT

アクセス急増したワケ

1 2 3

あわせて読みたい

  • 片山さつき大臣をさいたま地検に刑事告発

    片山さつき大臣をさいたま地検に刑事告発

    dot.

    11/26

    進まない地方創生を専門家が分析 “失敗の典型例”から学ぶべきこと

    進まない地方創生を専門家が分析 “失敗の典型例”から学ぶべきこと

    AERA

    2/19

  • ゆず、石巻市で開催される聖火台返還セレモニーに登壇決定

    ゆず、石巻市で開催される聖火台返還セレモニーに登壇決定

    Billboard JAPAN

    3/19

    パズドラ 大ヒットはゲーム屋の執念から

    パズドラ 大ヒットはゲーム屋の執念から

    AERA

    12/11

  • ゲームをしながらニュースが読める? 「新聞クエスト」とは

    ゲームをしながらニュースが読める? 「新聞クエスト」とは

    ASAhIパソコン

    8/28

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す