ジョン・レノン&オノ・ヨーコ 出会いの「YES」から別居期間「失われた週末」の足跡 (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ジョン・レノン&オノ・ヨーコ 出会いの「YES」から別居期間「失われた週末」の足跡

このエントリーをはてなブックマークに追加
小田健司AERA
【平和のどんぐり】
どんぐりを使った平和活動「平和のどんぐり」は、二人の初の共同イベント。写真は1968年、キャンペーンに使われたパンフレットの表紙 photo/Keith McMillan (c)Yoko Ono

【平和のどんぐり】 どんぐりを使った平和活動「平和のどんぐり」は、二人の初の共同イベント。写真は1968年、キャンペーンに使われたパンフレットの表紙 photo/Keith McMillan (c)Yoko Ono

 ジョン・レノンの生誕80周年にあたる今年、オノ・ヨーコとの歩みに触れられるイベント「DOUBLE FANTASY−John & Yoko」が東京で開かれている。出会いから始まる二人の「ストーリー」は、いまも強く、美しい。AERA 2020年11月23日号では、輝き続けるジョンとヨーコの二人の足跡を貴重な写真とともにたどった。

【ジョン・レノンとオノ・ヨーコ、二人を振り返る貴重な展示写真はこちら】

*  *  *
 天井に取り付けられた額縁に、そこからぶら下がる虫眼鏡。その下には白い脚立。上に立って額縁に虫眼鏡をあててみると、3文字のアルファベットが見える。

「YES」

 これは、前衛芸術家のオノ・ヨーコが1966年11月、英ロンドンのインディカ・ギャラリーで開いた個展で発表した作品「天井の絵」。ビートルズとして最初で最後となった日本公演の約4カ月後、ジョン・レノンはそんな個性的な作品に触れた。非難も含めて、世界中の人たちから注目を浴びることになる男女の出会いの瞬間だった。

【Indica Gallery】
出会いのきっかけとなったヨーコの個展を再現。脚立と額縁は作品「天井の絵」。もし「NO」と書いてあったら…… photo/山中慎太郎 (Qsyum!)

【Indica Gallery】 出会いのきっかけとなったヨーコの個展を再現。脚立と額縁は作品「天井の絵」。もし「NO」と書いてあったら…… photo/山中慎太郎 (Qsyum!)

■100点超える展示品

 ソニーミュージック六本木ミュージアム(東京都港区)で、二人が歩んだ足跡を紹介する企画展「DOUBLE FANTASY−John & Yoko」(ソニー・ミュージックエンタテインメント、ソニー・ミュージックレーベルズ主催)が開催されている。2018~19年に英リバプールで開かれ、米ニューヨークでジョンが射殺されてから40年、生きていれば傘寿の節目となる今年、東京での開催となった。

 会場には、ビートルズ時代も含めたジョンの手書きの歌詞など、100点を超えるゆかりの展示品が披露されている。冒頭の「天井の絵」もその一つ。時系列で、その時々の二人の言葉とともに足跡をたどることができる。

 会場で確認できるその二人の言葉を拾いながら、茨城大学で人気講義「ビートルズと1960年代アメリカ」を担当する君塚淳一教授(米国60年代ポップカルチャー)と一緒に回った。


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい