サザンオールスターズ「無観客配信ライブ」の衝撃 逆境を逆手に取ったステージ演出秘話 (1/4) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

サザンオールスターズ「無観客配信ライブ」の衝撃 逆境を逆手に取ったステージ演出秘話

このエントリーをはてなブックマークに追加
藤井直樹AERA
本編ラストに披露したのは42年前にリリースしたデビュー曲「勝手にシンドバッド」。無観客のセンター席でサンバダンサーが踊る!(撮影/岸田哲平)

本編ラストに披露したのは42年前にリリースしたデビュー曲「勝手にシンドバッド」。無観客のセンター席でサンバダンサーが踊る!(撮影/岸田哲平)

 新型コロナの影響で中止になった音楽イベントは数え切れない。そんな鬱屈した時に、サザンオールスターズは立ち上がって魅せた。「無観客ライブ」という新たな形が、明日への光に変わった。AERA2020年8月3日号から、50万人が熱狂したサザンの6月25日ライブレポートと、撮影・舞台監督が本誌に明かした制作秘話を紹介する。

【サザン無観客配信ライブでの貴重な写真の続きはこちら(全8枚)】

*  *  *
 画面には無人の客席が映し出された。広々とした場内にアナウンスが流れる。

「ご案内を申し上げます。公演中、立ち上がったり、大声で歌う、うちわ・扇子を頭の上にあげるなどの行為は……今回のライブに限っては他のお客様のご迷惑にはなりません! それぞれの楽しみ方で盛り上がっていただければと思います」

 6月25日。デビュー42周年を迎えたサザンオールスターズが1年ぶりにライブを開催した。会場は横浜アリーナ。最大1万7千人を収容できる会場に、観客の姿はない。サザン初となる「無観客配信ライブ」だ。

 公演名は「サザンオールスターズ 特別ライブ 2020『Keep Smilin’~皆さん、ありがとうございます!!~』」。オフィシャルファンクラブやLINE LIVE、U-NEXTなど八つのメディアそれぞれで販売される視聴券を購入すると映像が観られる仕組みだ。
「サザンオールスターズ 特別ライブ 2020『Keep Smilin’~皆さん、ありがとうございます!!~』」から(撮影/岸田哲平)

「サザンオールスターズ 特別ライブ 2020『Keep Smilin’~皆さん、ありがとうございます!!~』」から(撮影/岸田哲平)

■無観客ながら大会場

 昨年のドームツアー以来となる今回のライブは「“感謝”の気持ちを届けたい」という桑田佳祐(64)によって企画された。感謝の相手はファン、医療従事者をはじめとするエッセンシャルワーカー、そしてサザンのライブを一緒に作り上げてきたスタッフたち。新型コロナの影響でライブやイベントが中止になるなど、厳しい状況下にいるスタッフ約400人に仕事の場を提供する意味も込め、無観客ながらあえて横浜アリーナを会場に選んだのだ。

 そんな特別ライブは、開催発表直後から大きな注目を集めた。画面越しでも観客との一体感を生み出せるのか。配信が新たな収益源になりえるのか──。

「エンタメビジネスの今後のあり方を左右する」とも言われる中、桑田はライブの5日前、自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組で語った。

「コロナの影響でいろんなものが形を変える。そういうきっかけやチャンスになればいい」

 配信開始まで1時間を切ったころ、SNSには「部屋を暗くしてライブ感を演出」「シャワー浴びたし、飲み物も準備した!」などと、それぞれのスタイルで開演を待ちわびるコメントが並んだ。これまでになかったライブがスタートした。


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい