元テレ朝・竹内由恵さん、一度離れたテレビの世界。3カ月復帰を決めた理由 (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

元テレ朝・竹内由恵さん、一度離れたテレビの世界。3カ月復帰を決めた理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
福井しほAERA#AERAオンライン限定
竹内由恵さん(34)/2008年にテレビ朝日入社。「ミュージックステーション」「報道ステーション」などの人気番組を担当し、19年退社。20年2月、アミューズに所属し再出発した(撮影/写真部・小黒冴夏)

竹内由恵さん(34)/2008年にテレビ朝日入社。「ミュージックステーション」「報道ステーション」などの人気番組を担当し、19年退社。20年2月、アミューズに所属し再出発した(撮影/写真部・小黒冴夏)

 昨年末、結婚を機にテレビ朝日を退社して、テレビの世界を離れた竹内由恵さん。あれから約3カ月が経ち、今度はフリーとして活動を再開。事務所に所属しながら、家庭のある静岡と東京を行き来する日々がスタートした。がむしゃらだった20代、結婚への価値観が変わった30代、そして結婚後とリスタートを切った現在について聞いた。

【写真】ひまわりに囲まれて。中学1年生の竹内由恵さん

*  *  *
――昨年3月に結婚されて、12月末をもってテレビ朝日を退社されました。竹内さんが出演していた『報道ステーション』では、東京を離れること、仕事を続けるのが難しいことなどをお話されていました。

当時私は『報道ステーション』を担当していて、結婚相手は静岡で働いていました。「家族になるなら一緒に住みたい」と考え、思い切って退社を決めました。静岡には知り合いもいなければ、仕事がないという状態も初めての経験です。でも、どんな風に生活していくかは、移住してから決めればいい。

主人との生活に幸せを感じながらも、しばらくして生活が落ち着いてきたとき、なんだか手持無沙汰だと感じるようになりました。ご飯を作ったり、掃除や洗濯をしたりするのも楽しみながらできていたけれど、それ以外の時間をどう使えばいいのかがわからなかったんです。

――生活にメリハリがなくなってしまうような感じでしょうか。

これまでは休みの日がくると開放感がありました。でも、それがまったく変わらないんです。平日と休みの日が一直線上にあって味気ない。だんだん仕事をやりたい気持ちが強くなって、旦那さんにも愚痴ったりしていました(笑)。

――色んな選択肢があるなかで、テレビの世界に復帰することを選びました。

テレビ朝日を退社する時は本当にテレビの仕事を完全に辞めるつもりでした。ただ、せっかく働くなら今までの経験を生かせることもやっていきたい。そんなときに今の事務所から「静岡を拠点に、家庭を大事にしながら働いてみませんか?」と声をかけていただいたんです。事務所に所属しながらフリーで働くことは、「自分のペースで活動できてとてもいいんじゃないか」と旦那さんも背中を押してくれました。

――局アナ時代と今とでは、考え方や意識することは変わりましたか。

20代の頃は何よりも仕事を優先するという思いでやっていました。仕事を頑張れば頑張るほど周りからも認められて、いいサイクルになっていく。でも、今度は家庭と仕事を両立していかなければいけない。難しいことだとも思っていますが、どちらも楽しみながらうまくやっていきたいです。

――何よりも仕事を優先するというスタンスはいつ頃変わったのでしょう?


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい