“見えない存在”にされていた隣町の団地に暮らす青年から伝わるリアルな現実 映画「ファミリア」

シネマ×SDGs

2023/01/09 07:00

 陶器職人の神谷(役所広司)は海外で働く息子(吉沢亮)と、息子が現地で出会った妻の結婚を祝福していた。あるとき神谷は偶然、隣町の団地に暮らす在日ブラジル人青年と関わりを持つようになる──。連載「シネマ×SDGs」の34回目は、自身の父や故郷への想いを物語に綴った「ファミリア」の脚本家のいながききよたかさんに話を聞いた。

あわせて読みたい

  • 役所広司が感じた日本の衰退「他人の痛みを感じる人間を育てなければ」

    役所広司が感じた日本の衰退「他人の痛みを感じる人間を育てなければ」

    週刊朝日

    12/23

    役所広司と吉沢亮が親子役『ファミリア』2023年1月公開、MIYAVIら共演

    役所広司と吉沢亮が親子役『ファミリア』2023年1月公開、MIYAVIら共演

    Billboard JAPAN

    8/22

  • かつて夢と希望の地だった「団地」はいまや高齢者と外国人労働者ばかりに…!?

    かつて夢と希望の地だった「団地」はいまや高齢者と外国人労働者ばかりに…!?

    BOOKSTAND

    7/4

    地方の閉塞感を描く直木賞作家・辻村深月さんが挑む「眩しい故郷」の物語

    地方の閉塞感を描く直木賞作家・辻村深月さんが挑む「眩しい故郷」の物語

    BOOKSTAND

    7/8

  • 菅原慎一が手がけた映画「ドンテンタウン~曇天街~」の劇伴は団地暮らしの光景を伝える
    筆者の顔写真

    岡村詩野

    菅原慎一が手がけた映画「ドンテンタウン~曇天街~」の劇伴は団地暮らしの光景を伝える

    AERA

    12/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す