日銀が金融緩和を見直し「住宅ローン」どうなる? 専門家「固定金利は0.1~0.2%程度上がる可能性ある」

2022/12/28 08:00

 日本銀行が大規模な金融緩和を見直し、長期金利の上限を0.25%程度から0.5%程度へ引き上げた。今回の政策変更で、住宅ローンへの影響が懸念されるが、専門家はどう見るのか。住宅ローン比較サービス「モゲチェック」の堀江勇介さんに聞いた。AERA 2023年1月2-9日合併号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • トランプ政策で暮らしどうなる? 住宅ローンの借り換えは今年前半までに!

    トランプ政策で暮らしどうなる? 住宅ローンの借り換えは今年前半までに!

    AERA

    2/25

    長期金利上昇で住宅ローンに影響 注意すべき金利「1%の壁」とは?

    長期金利上昇で住宅ローンに影響 注意すべき金利「1%の壁」とは?

    AERA

    8/8

  • 住宅ローン「史上最低水準の金利」の今後 “現場の感覚”は…

    住宅ローン「史上最低水準の金利」の今後 “現場の感覚”は…

    AERA

    10/19

    アベノミクスでローンの組み方にも要注意?

    アベノミクスでローンの組み方にも要注意?

    AERA

    5/7

  • 5~3年前に借り換えた人でも総返済額を減らせる 専門家が伝授

    5~3年前に借り換えた人でも総返済額を減らせる 専門家が伝授

    週刊朝日

    7/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す