人権意識欠く“危うい保育” 相次いで発覚する保育士による園児暴行の背景

2022/12/25 08:00

 保育士による園児への暴行が各地で相次いで発覚している。不適切な保育が起こる主な背景には、保育士の子どもに対する人権意識の欠如があるという。AERA 2022年12月26日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • もしかして保育園で虐待?子どもの緊張顔には理由がある 専門家に聞く危ない園の見分け方

    もしかして保育園で虐待?子どもの緊張顔には理由がある 専門家に聞く危ない園の見分け方

    dot.

    12/10

    保育園の危機! あわや窒息死も…人手不足&質低下にあえぐ現場

    保育園の危機! あわや窒息死も…人手不足&質低下にあえぐ現場

    週刊朝日

    9/16

  • 発覚する保育園での園児暴行 「保育室の防犯カメラ設置」対策の賛否とは

    発覚する保育園での園児暴行 「保育室の防犯カメラ設置」対策の賛否とは

    AERA

    12/26

    保育士の悲鳴「このままでは現場が崩壊」 人材不足と社会的評価が今後の課題に

    保育士の悲鳴「このままでは現場が崩壊」 人材不足と社会的評価が今後の課題に

    AERA

    3/26

  • 低賃金で長時間労働「保育士が足りない」 潜在資格者70万人が保育現場に戻れない

    低賃金で長時間労働「保育士が足りない」 潜在資格者70万人が保育現場に戻れない

    AERA

    1/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す