GPファイナルで宇野昌磨が圧巻の優勝 「練習以上を試合で求めない」王者の信条

フィギュアスケート

2022/12/20 11:30

宇野昌磨(25)男子1位の合計304.46点。SPは99.99点、フリーは204.47点でともに1位だった
宇野昌磨(25)男子1位の合計304.46点。SPは99.99点、フリーは204.47点でともに1位だった

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルが12月8~11日に開かれた。GPシリーズ(全6戦)の上位選手が競った大会で日本勢が存在感を示した。AERA 2022年12月26日号の記事から、男子シングルの試合状況を紹介する。

【写真】悲願となる「世界の」表彰台に立った山本草太(22)

*  *  *

 イタリア・トリノで開かれた今季前半の世界一決定戦、GPファイナル。宇野昌磨(25)はフリーで5本の4回転を着氷すると、世界王者の風格を漂わせる滑りで会場を引き込んだ。フィニッシュポーズから、思わず氷にペタンと座り込み、一転してあどけない笑顔に。その目線の先には、ステファン・ランビエルコーチの姿があった。

「今、僕がスケートをしている要因の一つは、周りの方々が喜んでくれること。ステファンの(2006年五輪で銀メダルを取った)第二の故郷で成績を残せたことがうれしいです」

 改めて自分の信条を確認する試合だった。昨季に五輪メダルと世界王者のタイトルを手にし、今季の心理をこう語る。

「僕の年、今までやってきたこと、区切り的には今年辞めてもおかしくない。でも僕が続けているのは、成績を残したいからではなく、成長の余地があるから。そして皆が喜んでくれるから。何のためにスケートをするのかが変わってきています」

■皆さんが喜んでくれた

 現地入りしてからは好調を維持。ショートプログラム(SP)は、2本の4回転を降りると、99.99点をマークした。好演技ながら100点台に乗らず、冷静に分析した。

「ジャンプは練習通り、ステップ、スピンは練習不足が出てレベルを取りこぼしました。フリーは本当にたくさん練習してきたので、練習が試合という場でどう出るか、自分を知るための大会になります」

 自信を見せた通り、フリーは4回転5本を着氷し、204.47点をマーク。合計304.46点で圧巻の優勝だった。

「僕が想像していた以上に、コーチやスタッフの方のほうが緊張していました。それだけ『世界一』の大会へ思いがあったということ。僕にとっては一つの試合。皆さんが喜んでくれたことがうれしかったです」

1 2

あわせて読みたい

  • 宇野昌磨が逆転V NHK杯で4回転フリップを降りたのは「スケートキャリアの賜物」

    宇野昌磨が逆転V NHK杯で4回転フリップを降りたのは「スケートキャリアの賜物」

    AERA

    11/29

    宇野昌磨、強さの秘訣は“ポジティブ力” GPファイナルで課題残るも「次頑張ろう」

    宇野昌磨、強さの秘訣は“ポジティブ力” GPファイナルで課題残るも「次頑張ろう」

    dot.

    12/10

  • 実力では羽生がリードするも“4回転の質”で下克上? 男子フィギュア今季

    実力では羽生がリードするも“4回転の質”で下克上? 男子フィギュア今季

    AERA

    10/20

    宇野昌磨の「挑戦心」 連覇かかる世界選手権に「自分が何をやり残し、表現したいのかを追求していきたい」

    宇野昌磨の「挑戦心」 連覇かかる世界選手権に「自分が何をやり残し、表現したいのかを追求していきたい」

    AERA

    1/17

  • 「失敗して、打ちのめされてもやりたい」 宇野昌磨がスケートアメリカで見せた決意

    「失敗して、打ちのめされてもやりたい」 宇野昌磨がスケートアメリカで見せた決意

    AERA

    11/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す