がん患者に適切な情報を届ける難しさ 主治医から検査の選択肢を示されないケースも

がん

2022/11/05 08:00

 がん治療が高度化・細分化する中で、患者の潜在的なニーズをつかむことが難しくなっている。患者に適切な情報や選択肢を提供するためには、どうしたらいいのか。AERA 2022年11月7日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 6割は手術ができない“肺がん” 副作用少ない新薬で新たな光

    6割は手術ができない“肺がん” 副作用少ない新薬で新たな光

    週刊朝日

    5/30

    「がん薬物療法」後悔しないために知っておきたいの3つの目的 根治以外は?

    「がん薬物療法」後悔しないために知っておきたいの3つの目的 根治以外は?

    dot.

    5/11

  • 本庶佑教授ノーベル医学生理学賞受賞 がん治療薬「オプジーボ」の奇跡とは?

    本庶佑教授ノーベル医学生理学賞受賞 がん治療薬「オプジーボ」の奇跡とは?

    週刊朝日

    10/2

    がんステージ4抗がん剤を止めてもいい? 医師「プラスよりマイナスが大きいと感じるなら中止も」

    がんステージ4抗がん剤を止めてもいい? 医師「プラスよりマイナスが大きいと感じるなら中止も」

    dot.

    11/18

  • 10ccの血液ががん治療を変える? 「リキッドバイオプシー」とは

    10ccの血液ががん治療を変える? 「リキッドバイオプシー」とは

    AERA

    2/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す