“ラジオ界の宝”ピストン西沢の「GROOVE LINE」、24年半の歴史に幕 「ラジオのために生まれてきた」

2022/09/29 14:00

毒舌で笑わせても音楽への敬意があるから、アーティストからの信頼も厚い。気持ちが上がったのは「HMV渋谷のスタジオにきれいなお姉ちゃんが一人で見に来たとき(笑)」(撮影/写真映像部・高橋奈緒)
毒舌で笑わせても音楽への敬意があるから、アーティストからの信頼も厚い。気持ちが上がったのは「HMV渋谷のスタジオにきれいなお姉ちゃんが一人で見に来たとき(笑)」(撮影/写真映像部・高橋奈緒)

 J-WAVEの人気番組「GROOVE LINE」が9月29日に終了する。「自分がやりたいことができる環境をつくってきた」というピストン西沢さんの24年半とは、どんなものだったのか。AERA 2022年10月3日号の記事を紹介する。

【「GROOVE LINE」24年の歩みはこちら】

*  *  *

 あと十数秒で放送が終わる9月1日の夜7時前、ピストン西沢さんが言った。

「そうだ、この番組、今月いっぱいで終了です」

 突然の終了宣言にリスナーはざわつき、DREAMS COME TRUEの中村正人さんは「ピストン西沢はラジオ界の宝。」とブログに投稿した。番組にはアーティストからの出演希望が相次いだ。スタジオでは物心ついたときから聴いていたというチャラン・ポ・ランタンが涙し、石井竜也さんが絵を贈るなど、ラスト1カ月はゲスト満載、祭りのような放送が続いている。

 一貫してハイテンション、独特のトークとDJミックスで人気を集めるピストンさんは24年半、J-WAVEの夕方の時間を走り続けてきた。同じナビゲーターが続ける番組でさらに長いのは、同局ではクリス・ペプラーさんの「TOKIO HOT100」しかない。聴取率は6月の首都圏ラジオ聴取率調査(ビデオリサーチ)で同時間帯トップだし、スポンサーもついているが、10月からの新番組編成のために終了することになった。

「ラジオの自分は店じまいして、他の自分が今度はメインになるというだけの話です。やりたいことがいろいろありますから」

 とピストンさんは語る。

■ADから始めた努力家

 そもそもバイリンガルのナビゲーターが主流のJ-WAVEに、なぜピストンさんが出演することになったのか?

「脳科学者にも言われたんですけど、僕は小さい頃から今まで子どもが興奮しているような状態がずっと続いてるんですよ。うるさい子どもだったと思うし、我慢しないと社会でうまくやっていけないことはわかっていたから、自分の能力でごはんが食べられるところを目指したんです」

 選んだのは音楽の道だった。通産省(当時)の官僚だった父親が薦める企業には行かず、ディスコで、今でいうクラブDJをしていた。番組の初代プロデューサーで当時を知る杉山博さんは、

「彼がターンテーブルミックスを始めると客が集まってきてフロアがぎゅうぎゅうになるんです。とんでもなく人気のあるDJでした」

1 2 3

あわせて読みたい

  • バブル絶頂で生まれたJ-WAVE 経済凋落で迎えた変化とは

    バブル絶頂で生まれたJ-WAVE 経済凋落で迎えた変化とは

    AERA

    3/16

    Snow Man・深澤辰哉が表紙とインタビューに登場! 「一番近くにいる人」でいたい/AERA9月26日発売

    Snow Man・深澤辰哉が表紙とインタビューに登場! 「一番近くにいる人」でいたい/AERA9月26日発売

    9/26

  • 今では下ネタにも平然と切り返せるけど… 人気ラジオDJの転機

    今では下ネタにも平然と切り返せるけど… 人気ラジオDJの転機

    AERA

    4/23

    会話で大切なのは「相手は、今、どんな状況?」 お疲れ気味なら低い声で
    筆者の顔写真

    秀島史香

    会話で大切なのは「相手は、今、どんな状況?」 お疲れ気味なら低い声で

    dot.

    7/21

  • 糸井重里が嫌いな「FMしゃべり」とは? 勘違いしたラジオDJの末路
    筆者の顔写真

    秀島史香

    糸井重里が嫌いな「FMしゃべり」とは? 勘違いしたラジオDJの末路

    dot.

    8/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す