医療的ケア児支援法施行から1年 医療ケアが必要な子どもと家族、医療現場の状況は

2022/09/15 17:00

 胃ろうやたんの吸引など医療的ケアが必要な子どもと家族を支援する法律が施行されて1年。現在の状況はどうか。医療や福祉の関係者が語り合った。AERA2022年9月19日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 「トリプル主治医」で地域資源とつながりやすく AERA本誌での座談会を終えて思うこと
    筆者の顔写真

    江利川ちひろ

    「トリプル主治医」で地域資源とつながりやすく AERA本誌での座談会を終えて思うこと

    AERA

    9/13

    医療的ケア児支援法 家族の離職防止への期待 子ども自身が“医ケア”するケースも

    医療的ケア児支援法 家族の離職防止への期待 子ども自身が“医ケア”するケースも

    AERA

    9/17

  • 「知らない」から「怖い」を超えるために 医ケア児支援法に当事者と専門家が伝えたいこと
    筆者の顔写真

    江利川ちひろ

    「知らない」から「怖い」を超えるために 医ケア児支援法に当事者と専門家が伝えたいこと

    AERA

    8/24

    レスパイトに「罪悪感」を抱かずリフレッシュして 医ケア児の「おうち支援」の重要性
    筆者の顔写真

    江利川ちひろ

    レスパイトに「罪悪感」を抱かずリフレッシュして 医ケア児の「おうち支援」の重要性

    AERA

    8/10

  • 「親としての自分を大切に」 医療的ケア児支援法施行に障害を持つ子の親と専門家が語り合った
    筆者の顔写真

    江利川ちひろ

    「親としての自分を大切に」 医療的ケア児支援法施行に障害を持つ子の親と専門家が語り合った

    AERA

    8/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す