新旧住民で地域づくりに取り組む福島・飯舘村 最近の移住者に見えてきた「復興とは別次元の動き」とは

2022/09/06 08:00

 福島県飯舘村で新旧の住民が共同で地域づくりに取り組む試みが始まっている。そうしたなか、移住者に「復興とは別次元の動き」も見えてきたという。AERA 2022年9月12日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 福島県飯舘村で「移住者101人」 避難指示解除から3年余り、戻らない住民も多い一方で

    福島県飯舘村で「移住者101人」 避難指示解除から3年余り、戻らない住民も多い一方で

    AERA

    10/5

    被災地でハードルが高い「帰村」 人口が急減した福島・飯舘村を支える移住者の知恵

    被災地でハードルが高い「帰村」 人口が急減した福島・飯舘村を支える移住者の知恵

    AERA

    3/25

  • 斬新なアイデアも「生意気な嫁を育てた村」とかつて揶揄された飯舘村に、ハチ公像が贈られた理由

    斬新なアイデアも「生意気な嫁を育てた村」とかつて揶揄された飯舘村に、ハチ公像が贈られた理由

    AERA

    3/27

    「半殺しにされている」除染4割なのに次々と避難指示を解除する国

    「半殺しにされている」除染4割なのに次々と避難指示を解除する国

    週刊朝日

    3/10

  • なぜ長崎出身の医師が福島に移住? 地域医療に携わるやりがいは…

    なぜ長崎出身の医師が福島に移住? 地域医療に携わるやりがいは…

    AERA

    3/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す