『新ドリトル先生』は「生命の輝きをありのまま描いた」 生物学者・福岡伸一が込めた思い

福岡伸一

2022/07/18 08:00

 生物学者として、自然や生命の不思議を追い続けてきた福岡伸一さん。自身初となる本格小説は、児童文学シリーズ「ドリトル先生」の世界が舞台の冒険物語だ。AERA 2022年7月18-25日合併号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 「夢がないなら、それでいい」 50年ごしで夢をかなえた福岡ハカセが、子どもたちに伝えたいこと

    「夢がないなら、それでいい」 50年ごしで夢をかなえた福岡ハカセが、子どもたちに伝えたいこと

    dot.

    8/1

    ガラパゴス諸島の生き物が人間を恐れないのはなぜ? 現地で福岡伸一さんが最も驚いたこと

    ガラパゴス諸島の生き物が人間を恐れないのはなぜ? 現地で福岡伸一さんが最も驚いたこと

    dot.

    7/31

  • “虫少年”へ原点回帰 福岡伸一が還暦から「憧れの蝶」探し

    “虫少年”へ原点回帰 福岡伸一が還暦から「憧れの蝶」探し

    週刊朝日

    5/21

    福岡伸一「自分の免疫が最高のワクチン」 活性化に大切な「リラックス」

    福岡伸一「自分の免疫が最高のワクチン」 活性化に大切な「リラックス」

    週刊朝日

    5/21

  • いつまでも自立しない息子… ガラパゴスペンギンの悩み <ブラックないきもの図鑑>

    いつまでも自立しない息子… ガラパゴスペンギンの悩み <ブラックないきもの図鑑>

    AERA

    12/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す