梅雨が明けでも要注意 大雨もたらす“線状降水帯”から命を守るには

2022/07/05 08:00

 一部の地域で記録的に早い梅雨明けの発表となったが、大雨の季節はしばらく続く。梅雨後半から台風シーズンにかけてしばしば大雨が降り続き、災害が発生しやすくなる。キーワードは「線状降水帯」だ。AERA2022年7月11日号から。

あわせて読みたい

  • 80%で災害が起こる「線状降水帯」 発生予測に陸と空から最新アプローチ

    80%で災害が起こる「線状降水帯」 発生予測に陸と空から最新アプローチ

    AERA

    7/24

    九州北部豪雨から3年 線状降水帯に備えを

    九州北部豪雨から3年 線状降水帯に備えを

    tenki.jp

    7/5

  • 九州と山口県に「線状降水帯」発生の可能性 災害の危険度が急激に高まることも

    九州と山口県に「線状降水帯」発生の可能性 災害の危険度が急激に高まることも

    tenki.jp

    7/18

    「線状降水帯予測」気象庁6月1日開始 半日前から情報提供 早期避難へ繋げて

    「線状降水帯予測」気象庁6月1日開始 半日前から情報提供 早期避難へ繋げて

    tenki.jp

    5/25

  • 九州北部で記録的豪雨 悲劇呼ぶ積乱雲の群れ“線状降水帯”

    九州北部で記録的豪雨 悲劇呼ぶ積乱雲の群れ“線状降水帯”

    AERA

    7/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す