「100本ノックだ!」「打席に立て」 何でも野球にたとえる“野球上司”に若手が呆れるワケ

2022/06/16 17:00

 打席に立て! 打って、走って、100本ノック──。職場にあふれる用語の意味が実はよくわかりません。上司はどうして何でも野球にたとえるのでしょうか。AERA 2022年6月20日号ではそんな疑問にズバッと迫ってみました。

あわせて読みたい

  • 廃部危機のPL 桑田、清原育てた名物監督の思いとは

    廃部危機のPL 桑田、清原育てた名物監督の思いとは

    週刊朝日

    8/20

    内閣府の元官僚が明かす「クセのある政治家」への根回し術 優しそうに見える議員の“裏の顔”

    内閣府の元官僚が明かす「クセのある政治家」への根回し術 優しそうに見える議員の“裏の顔”

    dot.

    5/31

  • 元内閣府の官僚が経験した「ブラックな組織」の実態 倒れる前に実践すべき“組織サバイバル術”とは

    元内閣府の官僚が経験した「ブラックな組織」の実態 倒れる前に実践すべき“組織サバイバル術”とは

    dot.

    6/3

    江夏豊 広岡監督に「なんで痛風なの」で2軍落ち?

    江夏豊 広岡監督に「なんで痛風なの」で2軍落ち?

    週刊朝日

    11/15

  • 野村克也さんが生前語っていた「阪神は星野監督で良かったんだ」の真意

    野村克也さんが生前語っていた「阪神は星野監督で良かったんだ」の真意

    AERA

    2/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す