立川志の輔、自身の落語が原作の映画「大河への道」 「恥ずかしいくらい泣いた」と森下佳子との対談で明かす

立川志の輔

2022/05/21 17:00

 立川志の輔さんの新作落語「大河への道」が映画化された。脚本は大河ドラマ「おんな城主 直虎」も手がけた森下佳子さん。2人の語る「創作の道」は──。AERA2022年5月23日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 50歳で天文学者に弟子入り 伊能忠敬の子孫が語る“地図人生”秘話

    50歳で天文学者に弟子入り 伊能忠敬の子孫が語る“地図人生”秘話

    週刊朝日

    12/13

    小江戸・佐原(さわら)。夏に散策したい見どころ4選!

    小江戸・佐原(さわら)。夏に散策したい見どころ4選!

    tenki.jp

    8/17

  • 6月3日は測量の日。地図はどうやって作られた?

    6月3日は測量の日。地図はどうやって作られた?

    tenki.jp

    6/3

    「猫しか見てない」岩合光昭が初映画で撮影した志の輔師匠と“神猫”のシーン

    「猫しか見てない」岩合光昭が初映画で撮影した志の輔師匠と“神猫”のシーン

    AERA

    2/23

  • 嵐山光三郎「志らくか志の輔か」

    嵐山光三郎「志らくか志の輔か」

    週刊朝日

    3/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す