性暴力を「ここだけの話」にしない 被害者が声を上げやすい社会をつくるために

2022/05/13 18:00

 教師による生徒への性暴力が後を絶たない。文部科学省によると、2020年度に「性犯罪・性暴力等」を理由に公立学校の教師200人が処分された。性暴力の訴えは学校側に黙殺され、被害を受けても声を上げることすらできないこともある。被害者が声を上げやすい社会をつくるためにはどうすればいいのか。AERA 2022年5月16日号から。

あわせて読みたい

  • 教師による「性暴力」はなぜ繰り返されるのか 朝日新聞記者が目の当たりにした“被害者たたき”の実態

    教師による「性暴力」はなぜ繰り返されるのか 朝日新聞記者が目の当たりにした“被害者たたき”の実態

    dot.

    4/25

    4月号朝日新聞記者 南彰 Minami Akira被害を“なきもの”としないために

    4月号朝日新聞記者 南彰 Minami Akira被害を“なきもの”としないために

    4/7

  • 性暴力なのに「恋愛だと思わされた」 生徒が直面した学校での「呪い」の原体験

    性暴力なのに「恋愛だと思わされた」 生徒が直面した学校での「呪い」の原体験

    AERA

    5/11

    わいせつ教員、逮捕されても別の自治体で再び教壇に 被害者ら「刑罰の軽さ」を問題視

    わいせつ教員、逮捕されても別の自治体で再び教壇に 被害者ら「刑罰の軽さ」を問題視

    AERA

    10/29

  • わいせつ処分の教員が過去最多も「氷山の一角」 児童生徒への被害が後を絶たない背景

    わいせつ処分の教員が過去最多も「氷山の一角」 児童生徒への被害が後を絶たない背景

    AERA

    10/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す