「教育は普遍的価値で独立を担保すべき」 テレビディレクターが映画「教育と愛国」に込めた思い

2022/05/12 11:00

 5月13日から全国で順次公開されるドキュメンタリー映画「教育と愛国」。政治の圧力によって忖度を強いられる教育現場のリアルは、さながら「政治ホラー」の様相も帯びる。監督を務めた大阪の毎日放送(MBS)ディレクターの斉加尚代さんに作品に込めたメッセージを聞いた。

あわせて読みたい

  • 「性教育はやるだけ損」が教師の本音?

    「性教育はやるだけ損」が教師の本音?

    AERA

    12/19

    横浜の歴史教育、安倍流改革に先行

    横浜の歴史教育、安倍流改革に先行

    週刊朝日

    4/17

  • 灘、麻布…名門校に右派、安倍首相“お友達”政治家らが“圧力”

    灘、麻布…名門校に右派、安倍首相“お友達”政治家らが“圧力”

    週刊朝日

    8/22

    「コロナ禍で教育格差拡大」は本当か? 「親の収入」だけでない格差の根本原因とは

    「コロナ禍で教育格差拡大」は本当か? 「親の収入」だけでない格差の根本原因とは

    dot.

    3/16

  • 第8回 教育優国・日本―教科書を大切にした子供

    第8回 教育優国・日本―教科書を大切にした子供

    週刊朝日

    9/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す