Chim↑Pom・エリイ「アートは態度、私を通した作品がその時代の社会を表している」

2022/04/12 11:30

アーティスト・エリイ(Chim↑Pom)photo 森美術館提供
アーティスト・エリイ(Chim↑Pom)photo 森美術館提供

 東京の森美術館で開催されている「Chim↑Pom展:ハッピースプリング」を手がけるメンバーのエリイさんがAERAに登場。活動を振り返り、「17年間、性質の異なった同じ6人のメンバーでやってきた。そこに社会がある」と語った。AERA 2022年4月18日号から。

【写真】AERA史上初めて我が子を抱いて表紙を飾ったエリイさん

*  *  *

 我が子を抱くアーティストが登場……。AERAの表紙史上、初めてのことらしい。母の名前はエリイ。現代美術のアーティスト・コレクティブ「Chim↑Pom(チンポム)」のメンバーだ。

 東京電力福島第一原発の事故による帰還困難区域で開かれている、見に行けない展覧会「Don’t Follow the Wind」の発案と参加。原水爆をモチーフにした岡本太郎の壁画の右下の壁の余白に、原発事故を風刺した作品をゲリラ的に設置するなどの作品や活動で、日本でもっともラディカルなアーティストとして知られる。17年間の活動はさまざまな議論を呼びながら、大回顧展「Chim↑Pom展:ハッピースプリング」が東京の森美術館で開催中など、今や日本を代表する現代アーティストの一組となった。

1 2

あわせて読みたい

  • 現代美術の沼にいらっしゃい! Chim↑Pom回顧展で触れる「時代」の断片

    現代美術の沼にいらっしゃい! Chim↑Pom回顧展で触れる「時代」の断片

    AERA

    4/16

    Travis Japan川島如恵留さんが米留学への思いを渡米直前に告白/AERA4月11日発売

    Travis Japan川島如恵留さんが米留学への思いを渡米直前に告白/AERA4月11日発売

    4/8

  • 外国人がときめくニッポンの美術館って…。決め手は香り!

    外国人がときめくニッポンの美術館って…。決め手は香り!

    AERA

    6/11

    やくしまるえつこ『わたしは人類』突然変異を楽しめるユーザー参加型企画がスタート

    やくしまるえつこ『わたしは人類』突然変異を楽しめるユーザー参加型企画がスタート

    Billboard JAPAN

    2/14

  • 大量動員型からの脱皮なるか 新型コロナで変わる美術館&博物館

    大量動員型からの脱皮なるか 新型コロナで変わる美術館&博物館

    dot.

    9/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す