なぜチェルノブイリだったのか ロシアが侵攻の正当化に「核の脅威」持ち出した可能性

ウクライナ

2022/03/08 10:00

 ロシアによるウクライナ侵攻。今も現地で両軍が戦闘を繰り広げている。「戦争」は、矛盾を抱えながらかろうじて維持されてきた世界秩序の「軋み」をあらわにした。 AERA 2022年3月14日号で、「チェルノブイリ」について、笹川平和財団主任研究員の畔蒜泰助(あびるたいすけ)さんに聞いた。

あわせて読みたい

  • ウクライナはソ連の不良品? 分裂の実相は

    ウクライナはソ連の不良品? 分裂の実相は

    AERA

    5/25

    「核共有」が日本にとって非現実的な理由

    「核共有」が日本にとって非現実的な理由

    週刊朝日

    4/7

  • 田原総一朗「オバマ大統領のプーチン批判に正義はあるのか」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「オバマ大統領のプーチン批判に正義はあるのか」

    週刊朝日

    3/28

    「シェルターでおびえる子どもたちの姿を見よ」日本の大学学長がウクライナ侵攻に相次いで声明を出した真意

    「シェルターでおびえる子どもたちの姿を見よ」日本の大学学長がウクライナ侵攻に相次いで声明を出した真意

    dot.

    3/1

  • ウクライナの平和祈り緊急特番 日本で考え、反戦歌を流す意味は?
    筆者の顔写真

    延江浩

    ウクライナの平和祈り緊急特番 日本で考え、反戦歌を流す意味は?

    週刊朝日

    4/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す