虐待の連鎖を断ち切るには「公的支援と教育が必要」 虐待から生き抜いた女性が説く

2022/02/19 08:00

 東京都大田区の自宅アパートに幼いわが子を9日間放置して衰弱死させた事件で、母親である被告に8年の実刑判決が出た。事件の背景には「虐待の連鎖」があるとも指摘された。虐待の連鎖を断ち切るには何が必要なのか。虐待サバイバーの女性と専門家の意見から考える。AERA 2022年2月21日号から。

あわせて読みたい

  • 「虐待連鎖」の背景 虐待サバイバーが指摘する「『助けて』を言うのが怖い」理由

    「虐待連鎖」の背景 虐待サバイバーが指摘する「『助けて』を言うのが怖い」理由

    AERA

    2/18

    救急車に「虐待の早期発見チェックシート」を配備 医師とは違う視点で得た情報を共有

    救急車に「虐待の早期発見チェックシート」を配備 医師とは違う視点で得た情報を共有

    AERA

    12/12

  • 「両親へ。できるなら惨殺したい…」虐待被害者の声を集めた深刻事情

    「両親へ。できるなら惨殺したい…」虐待被害者の声を集めた深刻事情

    AERA

    1/28

    「幸せそうな子どもを見ると腹が立つ」 大人になってぶり返す“虐待サバイバー”の傷跡

    「幸せそうな子どもを見ると腹が立つ」 大人になってぶり返す“虐待サバイバー”の傷跡

    週刊朝日

    6/20

  • 大阪2児餓死事件の担当職員らが語る「児童相談所の現実」

    大阪2児餓死事件の担当職員らが語る「児童相談所の現実」

    AERA

    12/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す