“サイレント増税”から身を守る方法 「残業をしないで副業すべき」税理士が指摘

2022/01/31 08:00

 消費税や所得税の税率を引き上げるような増税ではなく、社会保障の負担を増えるかたちで国民負担が増えている。会社員であれば、給与から天引きされてしまいわかりにくい。負担額は増税に比べれば少ないが、目立ちにくい。そんな“サイレント増税”から、身を守る方法はないのか。AERA 2022年1月31日号は、税のプロに対策を聞いた。

あわせて読みたい

  • 雇用保険値上げ「年収800万円世帯」に負担感 止まらない“サイレント増税”

    雇用保険値上げ「年収800万円世帯」に負担感 止まらない“サイレント増税”

    AERA

    1/30

    アベノマスクの「ツケ」払うのは会社員だ! 専門家会議新メンバーは「増税派」がずらり

    アベノマスクの「ツケ」払うのは会社員だ! 専門家会議新メンバーは「増税派」がずらり

    AERA

    5/27

  • 「確定申告」別居の親を“扶養”にして還付 国税OBが教える節税術

    「確定申告」別居の親を“扶養”にして還付 国税OBが教える節税術

    週刊朝日

    1/21

    減る年収に待ったをかける“裏ワザ” 市販薬や株配当も節税に

    減る年収に待ったをかける“裏ワザ” 市販薬や株配当も節税に

    週刊朝日

    12/20

  • 子どもの扶養に入って税金ダウン 年金受給者の節税対策

    子どもの扶養に入って税金ダウン 年金受給者の節税対策

    週刊朝日

    2/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す