コロナ禍で子どもの視力「1.0未満」過去最多 「寄り目」も増加で手術が必要な場合も

2021/11/11 08:00

 コロナ禍でデジタルデバイスの使用が増加し、目の不調を訴える人が増えている。若者はスマホ老眼、子どもには急性内斜視の症状が見られるという。AERA 2021年11月15日号は、「目が大事」特集。

あわせて読みたい

  • 20代でも起こりえる「スマホ老眼」 医師に聞いた眼の老化を防ぐセルフケアとは?

    20代でも起こりえる「スマホ老眼」 医師に聞いた眼の老化を防ぐセルフケアとは?

    セルフドクター

    5/26

    20代30代で増加する“スマホ老眼”…進行を食い止める習慣6つ

    20代30代で増加する“スマホ老眼”…進行を食い止める習慣6つ

    AERA

    10/22

  • スマホ見すぎで「内斜視」の子どもが増加 進行するとものが二重に見える「複視」になるリスクも

    スマホ見すぎで「内斜視」の子どもが増加 進行するとものが二重に見える「複視」になるリスクも

    AERA

    6/26

    1日1回、5分間行うだけで“老眼”が改善する方法とは?

    1日1回、5分間行うだけで“老眼”が改善する方法とは?

    BOOKSTAND

    10/23

  • 視力回復法「ガボールパッチ」、視力低下予防「雲霧法」、その効果は?

    視力回復法「ガボールパッチ」、視力低下予防「雲霧法」、その効果は?

    AERA

    10/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す