息子を殴った恋人に礼…母子の虐待の連鎖描いた桐野夏生の新作 「救いを見いだせず、やや絶望的な気持ちで書き進めた」

読書

2021/11/06 11:00

 桐野夏生さんが新作『砂に埋もれる犬』で親から虐待を受けた少年を描いた。なぜ、このテーマに挑んだのか。AERA 2021年11月8日号で10代の子どもたちの深い闇について語った。

あわせて読みたい

  • 桐野夏生が見たJKビジネスの危うさ「17歳以下の少女は肉のつき方が違うと目を輝かせ…」

    桐野夏生が見たJKビジネスの危うさ「17歳以下の少女は肉のつき方が違うと目を輝かせ…」

    dot.

    10/29

    「若者の荒廃」に危機感…社会が抱える問題とは? 桐野夏生×前川喜平

    「若者の荒廃」に危機感…社会が抱える問題とは? 桐野夏生×前川喜平

    週刊朝日

    1/11

  • 「不登校は学校に責任がある」前川喜平が桐野夏生と考える教育問題

    「不登校は学校に責任がある」前川喜平が桐野夏生と考える教育問題

    週刊朝日

    1/11

    大阪2児餓死事件の担当職員らが語る「児童相談所の現実」

    大阪2児餓死事件の担当職員らが語る「児童相談所の現実」

    AERA

    12/3

  • 「両親へ。できるなら惨殺したい…」虐待被害者の声を集めた深刻事情

    「両親へ。できるなら惨殺したい…」虐待被害者の声を集めた深刻事情

    AERA

    1/28

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す